横浜中華街食べ歩きと中国茶体験

横浜・川崎 3時間45分

横浜港開港と同時に始まった海外貿易で重要な役割を果たしたのが中国の人々。中国人居留地として生まれた世界最大級の中華街は、食だけでなく関帝廟など見どころも豊富です。

周遊ルートに追加 8

シェアする

横浜中華街

横浜中華街は、横浜市中区山下町一帯に所在するチャイナタウンです。神戸南京町中華街や長崎新地中華街とともに三大中華街と称されてますが、その規模は他を圧倒しており、日本最大且つ東アジア最大の中華街となってます。現在は6000人を越える中国人が在住するだけでなく、0.2平方キロのエリア内に500以上の店舗が軒をつらねています。上海路、中山路、福建路など、地名を冠した路地が交差しており、そこには漢字の看板が立ち並び、広東・北京・上海・四川料理に、肉まん、餃子、飲茶などおいしそうな中華料理の匂いが街中に漂います。幾つもの門、関帝廟、媽祖廟、店々の建物のあでやかさ、路地で飛び交う中国語の活気に圧倒されながら歩けば、自然と元気をもらえることでしょう。

詳細

中国茶専門店

中国各地から仕入れた数多くの中国茶を提供する中国茶専門店。中華街のシンボル、関帝廟から10m。 店内は懐かしくて心地よい“上海レトロ”な雰囲気。2階にあるカフェでは中国茶を楽しめます。

詳細

関帝廟

横浜開港当初、一人の中国人が関羽の木像を抱いて、現在の地にささやかな祠を開いたとい言い伝えられています。以降、横浜中華街に住む人々の心の拠り所として親しまれてきました。

詳細

あなただけの周遊ルートを作ってみませんか?

ツアーのカスタマイズ
川崎の温泉に行こう!!
横浜・川崎

川崎の温泉に行こう!!

所要時間: 4時間30分

横浜芸術めぐりと海から見る芸術作品・横浜!
横浜・川崎

横浜芸術めぐりと海から見る芸術作品・横浜!

所要時間: 9時間30分