日向薬師ハイキングと亀石、七沢温泉日帰り入浴

県央 8時間30分

広沢寺温泉からのんびりと林道を歩き、荘厳な滝、大釜弁財天を眺めてからその先の山道に入ります。くねくねと曲がる七曲り峠を越え、尾根づたいに標高404メートルの日向山へ。 この山裾にあるのが古刹日向薬師、林道を行くと七沢展望台、さらに歩けば七沢温泉郷です。細い山道ですが、晴天時には、山頂から新宿副都心、房総半島まで見渡す事ができます。 コース周辺には、ロッククライミングができる滑岩や、村中山観音寺があります。一部急坂もありますが、子供連れのハイキングも大丈夫です。

周遊ルートに追加 88

シェアする

日向山

日向山は伊勢原市と厚木市境界に位置する標高404メートルの山です。初心者の方やご家族連れでも手軽にハイキングを楽しむことができます。

詳細

日向薬師ハイキング

山間の田畑に沿ったのどかな道路を歩きます。広沢寺温泉からのんびりと林道を歩き、荘厳な滝、大釜弁財天を眺めてからその先の山道に入ります。くねくねと曲がる七曲り峠を越え、尾根づたいに標高404メートルの日向山へ向かいます。

詳細

日向薬師

日本三大薬師の一つであり、本尊は薬師三尊。現在の宗派は高野山真言宗。約300年ぶりに行われた7年間の解体修理を終え、美しい茅葺きの姿をあらわした本堂。僧行基により716年に開創されたという宝城坊(日向薬師)は、開創1300年を迎えました。※ 本尊ご開帳日 1月1日・2日・3日(正月3が日)、1月8日(初薬師)、4月15日(春季例大祭)

詳細

亀石

薬師林道から日向薬師ハイキングコースの入口そば、鬱蒼とした森の中に鎮座する巨大な石(岩)です。高さ約4m、幅約10mの大きな石(岩)に土が体積してそこから木が生えており、自然の力を感じるパワースポットです。見た目のインパクトも大きいです。亀石のいわれについては諸説あり、地名(亀石)から名づけられた説や形が「亀」に似ている説などが有力です。

詳細

七沢温泉・福元館(日帰り入浴)

日本のプロレタリア文学の代表的な作家、小説家である小林 多喜二が密かに滞在した部屋は、今も当時のまま、手小鉢、行火、茶箪笥、丹前などが残されています。温泉はpH10.0を超える強アルカリ性で、つるつると優しい肌ざわりが特徴です。

詳細

あなただけの周遊ルートを作ってみませんか?

ツアーのカスタマイズ
サイエンスを体感する2日間
県央

サイエンスを体感する2日間

所要時間: 6時間45分

芸術の街藤野で体験三昧
県央

芸術の街藤野で体験三昧

所要時間: 3時間30分