Rugby World Cup 2019™

Get ready for Rugby World Cup 2019 in Kanagawa

11月2日まで開催中

日本は2019年に開催されるラグビーワールドカップのアジア初のホスト国として準備を進めています。そして神奈川県は大会決勝の地として注目を集めています。

ここでは、ラグビー観戦とともに神奈川県を楽しんでいただけるよう、県内の観光スポットをご紹介いたします。

Yokohama Schedule

横浜国際総合競技場で開催される、ラグビーワールドカップ2019™の試合日程をチェックしよう

Pool phase
# Date Kickoff Pool Match
4 Sat 21 Sept 18:45 B New Zealand v South Africa
6 Sun 22 Sept 16:45 A Ireland v Scotland
35 Sat 12 Oct 17:15 C England v France
40 Sat 13 Oct 19:45 A Japan v Scotland
Knockout phase
# Date Kickoff Pool Match
45 Sat 26 Oct 17:00 SF W QF1 v W QF2
46 Sun 28 Oct 18:00 SF W QF3 v W QF4
48 Sat 02 Nov 18:00 Final

How to get Tickets

ラグビーワールドカップ2019の観戦チケットは、2019年1月19日より一般販売されます。

一般販売(先着順) 2019/1/19(土)10:00~

ラグビーワールドカップのチケットは大会公式サイトからのみ購入が可能です。

公式サイトはこちら

Things to do in Kanagawa

神奈川県内で人気の観光地、横浜、箱根、鎌倉であなたのお気に入りスポットを見つけてみませんか。

ビオトピア

BIOTOPIA

未病とは病気ではないが何となく症状がある状態のこと。現代人に多い未病を、自然の恵みを味わう「食」、身体を整える「運動」、五感を解放する「癒し」を通じて楽しく改善体験ができる施設です。豊かな森を歩く森林セラピー、ワークショップなど、子どもも大人も楽しめるアクティビティも充実しています。

川崎市立日本民家園

日本民家園

17世紀後期から18世紀を中心に、貴重な古民家を移築・展示した野外博物館。大きな茅葺屋根の農家、精米などに使われた水車、村人が楽しんだ歌舞伎舞台など、約200年前の庶民の暮らしを、展示や資料を通じて楽しみながら知ることができます。伝統的な藍染めなどの体験講座も人気です。

旧吉田茂邸

旧吉田邸

内閣総理大臣を務めた吉田茂(1878-1967)が暮らしていた当時の邸宅を復原したものです。 和風の建築様式の一つで茶室の趣きを取り入れた近代数奇屋造り総檜の豪壮な本棟は、著名な建築家・吉田五十八が設計しました。世界的な作庭家・中島健が設計した日本庭園は、彩り豊かで、四季折々の美しい景観を楽しめます。

リビエラ逗子マリーナ

逗子マリーナ

ヨットや小型船を利用したアクティビティが楽しめる施設です。クルージングはもちろん、親子でシーカヤックや2人乗りのヨットが体験できる海洋塾、フィッシングイベントの見学など、好みに合った多彩な体験が可能です。レストランやカフェも併設されているので、アクティビティの前後にランチやディナーも楽しめます。

野毛

YCVB

横浜一の繁華街・伊勢崎町を擁する野毛は、横浜の歴史と深く関わってきた街。半径250m以内に居酒屋など約500店もの飲食店がひしめく、庶民的でちょっとディープな街としても有名です。もう一つの名物は、大道芸。毎年秋に大道芸まつりが開催されるほか、大道芸専門のショップもあり、普段でも公園で練習中の芸人を見かけることがあります。

みなとみらい21

MM21

19世紀半ばの横浜港開港当時の面影を残す「赤レンガ倉庫」がある一帯は「みなとみらい」と呼ばれ、遊園地や大型のショッピングモール、和食をはじめバラエティに富んだ食を堪能できる飲食店街など、好みにあった多彩な楽しみを体験できます。「赤レンガ倉庫」を中心に期間限定のイベントも多数開催されており、リピーターにも人気です。また、隣接する大さん橋国際客船ターミナルには世界各地から大型クルーズ船が寄港します。

横浜中華街

中華街

日本はもちろん東南アジアでも最大といわれる中華街。約0.2平方キロのエリアに620店の店舗があり、中華料理専門店だけでも200店以上。人気の肉まんやスイーツ店の行列も名物です。風水思想に基づいて建てられた10の牌楼(門)、有名な武将関羽を祀る「関帝廟」、航海の安全を護る女神を祀る「媽祖廟」など、食以外の見どころも満載です。

箱根・芦ノ湖

箱根全山(箱根DMO)

約3000年前に誕生したといわれる芦ノ湖は、箱根観光で外せないスポットです。湖畔や杉並木のウォーキングを楽しむ、景観を眺めながら美味に舌づつみをうつ、など多彩な楽しみ方ができます。お薦めは、芦ノ湖周遊クルーズ。船上から見る富士山と箱根神社の赤い鳥居の風景は、絶好のフォトスポットです。

箱根・温泉

箱根全山(箱根DMO)

「箱根十七湯」で知られるように、箱根は17もの温泉が集まる日本でも屈指の温泉地です。泉質のバリエーションも驚くほど多く、単純泉や食塩泉など20種類もあります。気軽に利用できる足湯や日帰り温泉、水着でも楽しめる温泉専門施設、自然に囲まれた秘湯など、温泉の佇まいも個性豊か。お気に入りの温泉を見つけると、旅はいっそう楽しくなります。

大山

伊勢原観光協会

標高1252mの大山は、ピラミッド型の美しい山。古代から霊山として崇められていました。18~19世紀には「大山詣り」が大流行し、江戸の人口が100万人の頃、年間20万人が訪れたといわれています。山腹にある大山寺や大山阿夫利神社下社は、紅葉の名所としても有名です。

江の島/江の島ヨットハーバー

藤沢市観光協会

江戸時代から風光明媚な観光地として浮世絵にも多く描かれている江の島。江島神社、江の島シーキャンドル、江の島岩屋洞窟など、自然に囲まれた観光スポットです。また江の島ヨットハーバーは、1964年の東京オリンピックのヨット競技場として整備され、2020年に再び東京オリンピックのセーリング競技会場となります。公共ヨットハーバーの草分けとして、ワールドカップセーリング競技のほか、数々のヨットレースが行われています。潮風が心地良い施設と富士山が望める景勝地である江の島での観光はきっと思い出に残ることでしょう。

江の島/江ノ電

藤沢市観光協会 江ノ島電鉄株式会社

新鮮で美味しい海産物やレトロモダンなカフェ、そして何より空と海の織りなす開放的な景観で人気の江の島。その江の島への足としてお薦めなのが、江ノ電です。藤沢駅から鎌倉駅を結ぶ路面電車として100年以上の歴史がある鉄道で、きれいな海岸線や街中をゆっくりと走るので、車窓からの眺めは抜群。市民にも観光客にも愛されています。

リビエラ逗子マリーナ

Zushi Marina

ヨットや小型船を利用したアクティビティが楽しめる施設です。クルージングはもちろん、親子でシーカヤックや2人乗りのヨットが体験できる海洋塾、フィッシングイベントの見学など、好みに合った多彩な体験が可能です。レストランやカフェも併設されているので、アクティビティの前後にランチやディナーも楽しめます。

城ヶ島

県HP

三浦半島の南端にある神奈川県最大の自然島で、自然とふれあえるスポットが数多くあります。冬から春にかけて数千羽のウミウが生息するウミウの展望台や、晴れた日には伊豆大島や富士山が眺められる城ヶ島灯台などを巡るハイキングも人気。名物のマグロ料理など、旬の食も堪能できます。

小田急ロマンスカー

小田急電鉄

神奈川県で人気の観光地「小田原・箱根」と東京の新宿を結ぶ小田急ロマンスカーは、ゆったりくつろぎながら景色を楽しめる人気の特急電車です。中でも人気の的は、先頭の展望席※。飛ぶようにすぎる迫力の風景に、運転士になったようなワクワク感が味わえ、やみつきになりそうです。 ※一部展望席がない列車もあります。

箱根・温泉

箱根全山(箱根DMO)

「箱根十七湯」で知られるように、箱根は17もの温泉が集まる日本でも屈指の温泉地です。泉質のバリエーションも驚くほど多く、単純泉や食塩泉など20種類もあります。気軽に利用できる足湯や日帰り温泉、水着でも楽しめる温泉専門施設、自然に囲まれた秘湯など、温泉の佇まいも個性豊か。お気に入りの温泉を見つけると、旅はいっそう楽しくなります。

小田原城

小田原市観光協会

15世紀末から約100年にわたって関東一円を治めた北条氏の居城。復興された天守閣を中心とした城址公園では、様々な催しが行われています。なかでも北条氏に仕えたとされる忍者集団・風魔にちなんだイベントは人気。忍者の着付け体験や手裏剣体験など、いつも大賑わいです。来年4月には忍者施設も城址公園にオープンします。

SAMURAI Project (Zen and Iaido experience in Kamakura)

SAMURAI Project

自然とともに多くの日本文化が残る鎌倉は、サムライの政権である鎌倉幕府(1185~1333年)の発祥の地としても有名です。この鎌倉にあり、通常は一般人が入れない禅寺・帰源院でサムライ文化を体験できるのがSAMURAI Projectです。坐禅や本物の刀での居合い斬りなど、プログラムも多彩。

鎌倉大仏殿高徳院

高徳院

19世紀の有名な歌人が「美男におわす」と詠んだ「鎌倉大仏」を本尊とする由緒あるお寺です。端正な大仏像は、像高約11.3m、重さ約121トン。「露座の大仏」としても有名で、13世紀に造られた当時の威容をいまも伝えています。仏教芸術史的にも非常に価値が高く、国宝に指定されています。

川崎市立日本民家園

日本民家園

17世紀後期から18世紀を中心に、貴重な古民家を移築・展示した野外博物館。大きな茅葺屋根の農家、精米などに使われた水車、村人が楽しんだ歌舞伎舞台など、約200年前の庶民の暮らしを、展示や資料を通じて楽しみながら知ることができます。伝統的な藍染めなどの体験講座も人気です。

神奈川芸術劇場

KAAT

2011年にオープンしたKAATは、「モノをつくる」「ヒトをつくる」「まちをつくる」の「3つのつくる」をテーマとする創造型の舞台芸術専用劇場です。最新の設備を備えたホールや大小のスタジオなど多彩なステージを備え、演劇、ミュージカル、ダンス、古典芸能、アートサーカスなど、様々なジャンルの公演が行われています。

マグカル(マグネット・カルチャー)

MAGCUL.net

県は、文化芸術の魅力で人を引きつけ、地域のにぎわいをつくり出す、マグネット・カルチャー略して「マグカル」の取組を推進しています。さらに、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を契機として、市町村や関係団体と連携しながら神奈川の文化プログラムを推進しています。

International Stadium Yokohama

横浜国際総合競技場では、準決勝と決勝を含む7試合が開催されます。ニュージーランド、南アフリカ、アイルランド、イングランドといった世界の強豪国や日本があなたを待ってます。最高潮の盛り上がりを一緒に感じよう!

住所:

〒222-0036 神奈川県横浜市港北区小机町3300 (Map)

収容人数:

72,327人

アクセス:

アクセス

  • JR「新横浜駅」から徒歩14分、JR「小机駅」から徒歩10分、市営地下鉄「新横浜駅」から徒歩12分

横浜のおすすめ情報はこちら

TM © Rugby World Cup Limited 2015. All rights reserved.