田谷の洞窟

横浜・川崎 30分

概要

真言宗大覚寺派田谷山定泉寺境内にある「田谷の洞窟」(たやのどうくつ)は正式名称を瑜伽洞(ゆがどう)といい、修行僧が掘った人工洞窟です。定泉寺は天文元年(1532年)に鶴ヶ岡二十五坊相承院の僧、快元法印の門弟隆継阿闍梨により建立されましたが、田谷の洞窟はそれよりも古く鎌倉時代より真言密教の修行場として開山されたと伝わっています。以後、適時拡張され今では実測570mの規模となりました。洞窟内は上中下の三段構造で、大小17ヶ所の広い空間を通路で結ぶような形で作られており、通路の壁面や天井には曼荼羅、十八羅漢、刈萱道心の仏教説話などが彫られている他、それらをすべて回ることで巡礼したことの代替とする為の西国三十三所、坂東三十三箇所、秩父三十四箇所、四国八十八箇所の各御本尊が刻まれている参拝の洞窟です。

旅行のヒント

いくつもの美しい彫刻や壁画がる歴史的な仏教の瞑想洞窟を体験しよう。ロウソクを手に持ち、瞑想洞窟や様々な部屋に入っていくので、まさにスピリチュアルな体験といえる。

詳細情報

住所

神奈川県横浜市栄区田谷町1501(定泉寺内)

ウェブサイト

連絡先

045-851-2392

営業時間

9:00~16:30

休日

年中無休 受付は9:00~16:00

料金

拝観料:大人400円 中高生200円 小学生100円 (小学生のみの拝観は不可)

写真

九つ井 陶郷(陶芸・ガラス工房)
横浜・川崎 2

九つ井 陶郷(陶芸・ガラス工房)

九つ井 本店
横浜・川崎 2

九つ井 本店

玉縄桜(お花見)
横須賀・三浦 0

玉縄桜(お花見)

大船観音寺
横須賀・三浦 68

大船観音寺