山手234番館

横浜・川崎 15分

概要

山手234番館は、関東大震災によって横浜を離れてしまった外国人を呼び戻すために、復興事業の一つとして昭和2年頃建設されました。その後、平成元年に横浜市が歴史的景観の保全を目的として買い上げ、補修した後、平成11年から一般公開されるようになり、現在は横浜市認定歴史的建造物となっています。山手西洋館の中では唯一の共同住宅で4つの同一形式の住戸が対称的に向かい合い、上下に重なる設計になっており、合理的かつコンパクトにまとめらた各住戸からは、当時の「モダン」な生活様式が見て取れます。また、洋風住宅の標準的な要素である上げ下げ窓や鎧戸、煙突なども簡素な仕様で採用された、震災後の洋風住宅の意匠の典型といえます。

利用可能な設備

詳細情報

住所

神奈川県横浜市中区山手町234-1

連絡先

045-625-9393

営業時間

9:30~17:00 ※7・8月は18:00まで

休日

第4水曜休

料金

無料

写真

えの木てい
横浜・川崎 12

えの木てい

横浜山手聖公会(Yokohama Christ Church)
横浜・川崎 4

横浜山手聖公会(Yokohama Christ Church)

花と器のハーモニー(山手西洋館)
横浜・川崎 8

花と器のハーモニー(山手西洋館)

エリスマン邸
横浜・川崎 126

エリスマン邸