ブラフ18番館

横浜・川崎15分

概要

ブラフ18番館は、関東大震災(1923年)後に山手町45番地に建てられた外国人住宅で、戦後はカトリック山手教会の司祭館として平成3年まで使用されてきました。その後、山手イタリア山庭園の一郭に移築復元され、平成5年から一般公開されるようになりました。木造2階建ての建物は、フランス瓦の屋根、暖炉の煙突、ベイウィンドウ、上げ下げ窓と鎧戸、南側のバルコニーなど、震災前の外国人住宅の特徴を色濃く残しており、館内は当時の横浜家具を復元展示して大正末期から昭和初期の外国人住宅の暮らしを再現しています。また、解体時の調査により、これは震災前に建てられた建物が火災を免れ、山手町45番地のR.Cバウデン氏が部材を転用して同じ場所に再建したものであることが判明しました。

旅行のヒント

横浜の旧外国人居留地を観光するなら、ブラフ18番館に行ってみよう。邸内に入ると、1920年代前半に日本に在住した外国人居住者たちの生活の息吹が感じられる。

詳細情報

住所

神奈川県横浜市中区山手町16

連絡先

045-662-6318

営業時間

9:30~17:00(7・8月は18:00まで延長)

休日

第2水曜日(祝日は開館し翌日休) 年末年始(12月29日~1月3日)

料金

無料 (ホールでの展示などの利用は有料です)

写真

山手イタリア山庭園
横浜・川崎 7

山手イタリア山庭園

外交官の家
横浜・川崎 3

外交官の家

山手西洋館めぐり
横浜・川崎 5

山手西洋館めぐり

カトリック山手教会
横浜・川崎 21

カトリック山手教会