コロナウイルスの感染拡大に御注意ください。 詳細はこちら

メインコンテンツにスキップ
MICE 旅行事業者向け情報
特集

神奈川でのサステナブルな旅

サステナビリティとは、次世代のニーズを損なうことなく、現在のニーズを維持するための環境、社会、経済の実践を意味する概念です。サステナビリティというと自然を連想される方が多いと思いますが、それ以上に、地域の伝統や経済的活力を維持するために不可欠な要素です。神奈川県は、美しい自然と文化的な魅力が溢れているので、サステナビリティについて学び、サステナブルな旅行を実現し、その素晴らしさを将来にわたって維持する役割を担うのに最適な場所です。

サステナブルな魅力・スポット

次の旅行に備えて、神奈川のサステナブルな見どころをチェックしましょう。

  • 無人島・猿島

    無人島・猿島

    横須賀市
  • 由比ガ浜

    由比ガ浜

    鎌倉市
  • 自然環境保全センター

    自然環境保全センター

    厚木市
  • 神奈川県環境科学センター

    神奈川県環境科学センター

    平塚市

サステイナブルな旅先としての神奈川

活気ある都市景観、海辺の魅力、西部の山々、歴史的建築物、豊かな地域文化など、神奈川はサステナブルな旅を実現するチャンスで溢れています。次回の神奈川への旅行に向けて、以下の役立つ情報をご覧ください!

移動

徒歩と自転車が最もサステナブルな移動手段で、次いで電車やバス、自動車、そして飛行機となります。幸いなことに、神奈川県は電車やバスの便が良く、目的地に到着してからも徒歩や自転車で簡単に散策することができます。

自然保護活動

エコツーリズムは、ハイキング、登山、サイクリング、森林浴、ボート遊びなど、環境への悪影響が少ない観光形態です。神奈川の自然は、環境探索や、保護活動について学ぶのに最適な場所です。

食べ物

伝統的なレストランや屋台、地元の飲食店を訪れ、神奈川の食を楽しみ、消費することで地域社会に貢献し、郷土料理を応援できます。

地域の文化

伝統的なワークショップに参加したり、文化的価値の高い場所を訪れることで、神奈川の地域文化を支援できます。そうすることで、消費を通じて地域をサポートし、異なる生活様式を知ることができます。

神奈川のサステナビリティへの取り組み

2015年、国連は、より良い未来に向けた各国の指針となる17の「持続可能な開発目標(SDGs)」のリストを作成しました。これらの目標は、世界中の環境、社会、経済の問題に取り組み、人々が環境と互いに調和して生きる持続可能な未来の創造を目指しています。日本はこの国際協定の一員として、2030年までにこれらの目標を達成することを目指しています。神奈川県のサステナブルな取り組みについては、以下をご覧ください。

  • かながわプラごみゼロ宣言

    かながわプラごみゼロ宣言

    「かながわプラごみゼロ宣言」は、使い捨てプラスチックの削減、プラスチックごみのリサイクルの推進、清掃活動の拡大により、海洋汚染に立ち向かおうというものです。

  • てまえどり:エシカル消費

    てまえどり:エシカル消費

    神奈川県では、売れ残りや賞味期限切れの商品による食品ロス対策として、店頭に並んでいる商品を選んでもらう「てまえどり」という取り組みが行われています。

  • 鎌倉のサステナブルツーリズム

    鎌倉のサステナブルツーリズム

    鎌倉市観光協会では、将来にわたって誰もが楽しめる観光地になるために、学生を地域の文化とつなぐ取り組みや、交通量の多い道路の定期的な清掃、障害のあるお客様に対応する取り組みを始めました。

  • SDGs未来都市

    SDGs未来都市

    日本は2030年までに多くの持続可能な開発目標(SDGs)を達成することを目指しており、神奈川の都市でもこの目標に向けた取り組みが数多く始まっています。旅に出る前に、県内のサステナブルな取り組みを調べて、あなたの旅程に組み込んでみてはいかがでしょうか。

神奈川でサステナブルな旅をするためのヒント

神奈川でサステナブルな旅をするためのヒント

次回の神奈川の旅をサステナブルにする方法をご紹介します。