メインコンテンツにスキップ
Opens in a new window Opens in a new window Opens in a new window Opens in a new window
旅行事業者向け情報
特集

神奈川でのサステナブルな旅

サステナビリティとは、次世代のニーズを損なうことなく、現在のニーズを維持するための環境、社会、経済の実践を意味する概念です。サステナビリティというと自然を連想される方が多いと思いますが、それ以上に、地域の伝統や経済的活力を維持するために不可欠な要素です。神奈川県は、美しい自然と文化的な魅力が溢れているので、サステナビリティについて学び、サステナブルな旅行を実現し、その素晴らしさを将来にわたって維持する役割を担うのに最適な場所です。

サステナブルな魅力・スポット

次の旅行に備えて、神奈川のサステナブルな見どころをチェックしましょう。

  • 無人島・猿島 image

    無人島・猿島

    横須賀市
  • 県立城ヶ島公園 image

    県立城ヶ島公園

    三浦市
  • 由比ガ浜 image

    由比ガ浜

    鎌倉市

サステナブルな旅先としての神奈川

活気ある都市景観、海辺の魅力、西部の山々、歴史的建築物、豊かな地域文化など、神奈川はサステナブルな旅を実現するチャンスで溢れています。次回の神奈川への旅行に向けて、以下の役立つ情報をご覧ください!

移動

神奈川県は電車やバスの路線網が発達しており、環境に優しい交通手段を選ぶことができます。

交通フリーパスを見る

自然保護活動

神奈川の自然環境を探索し、保護活動について学び、そしてハイキングや森林浴など環境に優しいアクティビティを楽しみましょう。

食べ物

伝統的なレストランや屋台、そしてローカルなお店で、神奈川の料理を堪能し、地域社会や郷土料理をサポートしましょう。

神奈川のグルメ

地域の文化

ワークショップや重要文化的景観を見学することで、神奈川の地域文化やコミュニティを応援しましょう。

各地域のサステナブルな取り組みを発見

箱根でサステナブルな旅をしよう! image

箱根でサステナブルな旅をしよう!

旅行記事
秦野でサステナブルな一日を! image

秦野でサステナブルな一日を!

旅行記事

神奈川のサステナビリティへの取り組み

2015年、国連は、より良い未来に向けた各国の指針となる17の「持続可能な開発目標(SDGs)」のリストを作成しました。これらの目標は、世界中の環境、社会、経済の問題に取り組み、人々が環境と互いに調和して生きる持続可能な未来の創造を目指しています。日本はこの国際協定の一員として、2030年までにこれらの目標を達成することを目指しています。神奈川県のサステナブルな取り組みについては、以下をご覧ください。

  • かながわプラごみゼロ宣言

    かながわプラごみゼロ宣言

    「かながわプラごみゼロ宣言」は、使い捨てプラスチックの削減、プラスチックごみのリサイクルの推進、清掃活動の拡大により、海洋汚染に立ち向かおうというものです。

  • てまえどり:エシカル消費

    てまえどり:エシカル消費

    神奈川県では、売れ残りや賞味期限切れの商品による食品ロス対策として、店頭に並んでいる商品を選んでもらう「てまえどり」という取り組みが行われています。

  • 鎌倉のサステナブルツーリズム

    鎌倉のサステナブルツーリズム

    鎌倉市観光協会では、将来にわたって誰もが楽しめる観光地になるために、学生を地域の文化とつなぐ取り組みや、交通量の多い道路の定期的な清掃、障害のあるお客様に対応する取り組みを始めました。

  • SDGs未来都市

    SDGs未来都市

    日本は2030年までに多くの持続可能な開発目標(SDGs)を達成することを目指しており、神奈川の都市でもこの目標に向けた取り組みが数多く始まっています。旅に出る前に、県内のサステナブルな取り組みを調べて、あなたの旅程に組み込んでみてはいかがでしょうか。

神奈川でサステナブルな旅をするためのヒント

神奈川でサステナブルな旅をするためのヒント

次回の神奈川の旅をサステナブルにする方法をご紹介します。