お寺の参拝

お寺の参拝方法

  1. 山門の前で一礼

    まずは、お寺のメインエントランスとなる「山門」の前で一礼します。「これからお参りをさせて頂きます」と仏様に対して敬意を払い敷居をまたいで入りましょう。神社でいうところの「鳥居」にあたる山門は、俗世と聖域との境界線です。帽子などの被り物は脱ぎましょう。

  2. 手水舎(てみずや)で身を清めましょう

    次に、水で身を清めるために手水舎に立ち寄り、水で手を洗い口をゆすぎます。本堂を参拝する前に、身体と精神を清らかにするためです。作法は神社と同じように次の手順で行います。

    ※手水舎がないお寺も多いので、その場合は先に進んでください。

    1. 右手で柄杓(水をすくう道具)に水をくみ、左手を洗います

    2. 柄杓を左手に持ちかえ、右手を洗います

    3. 右手で柄杓を持ち、左手に水をくみその水を口に含み、音をたてないように口をすすぎます。(柄杓に直接口をつけてはいけません)

    4. 繰り返し柄杓を右手に持ちかえ、左手を洗います

    5. 最後に柄杓を洗い流すために、器部を上に立てて、残りの水で柄杓の柄の部分を流しもとに戻します。

  3. 線香やろうそくをお供えする

    燭台と香炉が設置されている場合は、参拝前にろうそくと線香(棒状のお香)を立てます。不浄を燃やし周囲を清め、仏様に正しい方向へ導いてもらうためです。そして、ろうそくと線香に火を灯す際は、他の参拝者からではなく自分のライターかお寺の種火で点けましょう。他者からろうそくや線香の火を貰うことは、他人から「罪や悪いもの」を貰うという行為を意味するからです。
    ※防火防止のために、献香・献灯ができないお寺もあるので、よく確認しましょう。

  4. 参道を通って本堂に向かいましょう

    本堂は、お寺のご本尊が安置されている建物です。

  5. 本堂の前で、お賽銭(さいせん)を入れる

    いよいよ参拝です。まず、本堂に向かって一礼した後「お賽銭(お金を賽銭箱にいれる)」をします。「お賽銭」は神様、仏様への「お礼」と、「邪気払い」の意味があるとされています。賽銭金額の決まりはありません。

  6. 「鰐口」を鳴らして「合掌、一礼」

    その後、「鰐口(上からぶら下がっている仏具)」があれば鳴らします。鰐口は仏様へのあいさつを表すので優しく鳴らしましょう。

    続いて「合掌」です。姿勢を正して目を閉じ、手のひらを合わせて上半身をかがめて礼をします。神社とは異なり、拍手はしません。

    お祈りが終わったら、軽く一礼してから本堂を立ち去りましょう。

  7. 山門でもう一度礼をします

    山門の外に出たら、本堂の方向を振り返って一礼しましょう。

    お寺の参拝方法は以上です。
    ※宗派により参拝方法が異なる場合があります。

参拝時に気を付けるべきポイント

境内は聖域なので、肌の露出が高い服装は避けるべきでしょう。また、立ち入り禁止や写真撮影禁止のエリアを設置しているお寺もあるので注意です。

正しい作法を身につけて、観光の際に役立ててください!

大本山川崎大師平間寺
横浜・川崎 15

大本山川崎大師平間寺

高徳院・鎌倉大仏 
横須賀・三浦 162

高徳院・鎌倉大仏 

大雄山最乗寺
県西 6

大雄山最乗寺

大山寺
湘南 19

大山寺