コロナウイルスの感染拡大に御注意ください。 詳細はこちら

メインコンテンツにスキップ
MICE 旅行事業者向け情報
明月院

明月院

北鎌倉にある明月院は「あじさい寺」としても有名なお寺です。6月頃からのあじさいの季節には約2500株のあじさいを見に多くの人で込み合います。明月院に植えられたあじさいは青一色で統一されており、「明月院ブルー」と称されています。

360°画像を表示する

明月院は、神奈川の北鎌倉にある臨済宗の寺院です。寺の名前は、ここを建立した上杉家の豪族、上杉憲方の諡号に由来しています。元々は、明治政府により廃寺された禅興寺という大きな寺の客殿でした。この350年の歴史を持つ客殿は、1394年に寺院として独立し、素晴らしい境内と独特の歴史があります。

この寺院は6月には紫陽花の名所として知られ、別名「あじさい寺」とも呼ばれています。紫陽花は近年になってから、育て易く、手入れが簡単なことから選ばれたものですが、この寺の大きなポイントになっています。そしておそらく、この寺で最も有名で愛されている場所は、心と精神を落ち着かせ、思慮深くさせる悟りの窓と呼ばれる「円形の窓」でしょう。

この他にも、寺を訪れる方は枯山水と呼ばれる砂と岩、草木で作られた庭を眺めることができます。これは仏教の伝説的な山である須弥山を表現したものです。丘の中腹に掘られたやぐら洞窟もあります。やぐらとは、中世の武士の墓として使われた人工の洞窟のことです。このやぐらには、中央に小さな塔があり、上杉憲方の墓だと考えられています。

明月院では、国宝にも指定されている、絵画のような衣装(13世紀・鎌倉時代)を身にまとった上杉家の始祖である上杉重房の木像「木造上杉重房坐像」が展示されています。また、本堂(方丈)には観音菩薩坐像が安置されているので、ぜひ拝観してください。また、中庭は花菖蒲の名所として知られ、年に2回、2週間ほど公開されます。花菖蒲が咲く6月と、円窓の向こうに紅葉が映える11月下旬から12月上旬の2回です。

明月院へのアクセスは、JR横須賀線「北鎌倉駅」から鎌倉方面に向かって徒歩10分、案内板がたくさんあります。明月院は左側の脇道沿いにあります。寺院は毎日午前9時から午後4時まで開館しており、入場料は500円です。6月と紅葉の季節には、季節の美しさを楽しむために入場料が500円追加で必要になります。

詳細情報

営業時間

6月:8:30~17:00
6月以外:9:00~16:00

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、施設によっては一時休業・営業時間変更となったり、イベントが中止または延期となる場合があります。最新情報は、各施設・イベントの公式ホームページでご確認ください。
推奨期間

1時間

休日 要確認
料金

要確認

アクセス

横須賀線 北鎌倉駅

周辺を探索する

こちらもおすすめ

北鎌倉 葉祥明美術館

北鎌倉 葉祥明美術館

横須賀・三浦
特典あり
明月谷

明月谷

横須賀・三浦
鉢の木・鎌倉精進料理

鉢の木・鎌倉精進料理

横須賀・三浦
円覚寺帰源院

円覚寺帰源院

横須賀・三浦