神奈川県指定重要無形文化財「湯立て獅子舞」 仙石原

県西 5時間15分

1714(安永5)年に伝承された湯立て神殿。湯立て神事は全国にあるが、獅子が湯立てを行うのは類例の少ない伝統行事です。無病息災、家内安全、五穀豊穣を祈願し、獅子がクマザサの実で湯をかき回し、参拝者に湯ザサを祓って湯をふりかけ、悪疫を払います。国選択無形民俗文化財、神奈川県指定重要無形文化財「湯立て獅子舞」仙石原では三月二十七日の諏訪神社の祭、五月五日の金時神社の祭に行われ、宮城野では七月十五日の諏訪神社の祭に行われます。

周遊ルートに追加 4

シェアする

仙石原長安寺

紅葉と五百羅漢像で人気のスポットではあるが、混雑することなく比較的ゆったりと紅葉を楽しむことができる。「東国花の寺、百ヶ寺」に数えられる花の咲き乱れる曹洞宗のお寺で、10月頃にはイワジシャンという青色の花がそこかしこに咲きます。

詳細

湯立て獅子舞 仙石原

1776年に伝承された湯立て神楽です。湯立て神事は全国にあるが、獅子が湯立てを行うのは類例の少ない伝統行事です。無病息災、家内安全、五穀豊穣を祈願し、獅子がクマザサの実で湯をかき回し、参拝者に湯笹を祓って湯をふりかけ、悪疫を払います。国選択無形民俗文化財に選択されているのと同時に、神奈川県指定重要無形文化財「湯立て獅子舞」に指定されています。

詳細

ススキの群落

関東一の規模を誇ると言われる仙石原のススキ草原は、金時山南麓、台ヶ岳北西麓一帯に広がり、銀色に輝くススキの群落は秋の箱根を代表する風景のひとつとなっています。

詳細

あなただけの周遊ルートを作ってみませんか?

ツアーのカスタマイズ