箱根仙石原ススキと、美術館をめぐる静かな山歩き

県西 6時間45分

秋の風物詩であるススキの素晴らしい景色を堪能していただくだけでなく、どこの観光地にいっても自然に満ち溢れた箱根にてリフレッシュしていただけるコースとなっています。

周遊ルートに追加 169

シェアする

ススキの群落

関東一の規模を誇ると言われる仙石原のススキ草原は、金時山南麓、台ヶ岳北西麓一帯に広がり、銀色に輝くススキの群落は秋の箱根を代表する風景のひとつとなっています。

詳細

箱根湿生花園

箱根湿生花園は、箱根仙石原にある日本で初めての湿生植物園です。湿原をはじめとして川や湖沼などに生育している植物を中心に、日本の各地の湿地帯植物200種と、草原や林、高原植物1100種、その他、珍しい外国の山草を含め、約1700種の植物が四季折々に花を咲かせています。園路は、低地から高山へ、初期の湿原から発達した湿原へと順に植物を見てまわれるようになっていて、湿原での生態系の発展の様子がわかりやすく学べるようになっています。展示室では、仙石原湿原の動植物を写真やパネル、ビデオ上映、大型水槽で紹介ています。また、季節に応じた花々のイベント展示も行われていますので、お好きな花の展示イベントを調べて出かけてみるのもオススメです。

詳細

ポーラ美術館

箱根の豊かな自然と、光に満ち溢れた空間が織りなす美の世界。19世紀フランス印象派を中心とした西洋絵画、日本の洋画、日本画、東洋陶磁、ガラス工芸、化粧道具など、一万点からなる幅広いコレクションをご堪能ください

詳細

箱根美術館

箱根美術館は、箱根町強羅に1952年に開館した箱根で最も古い美術館です。館内では創立者・岡田茂吉が生前に蒐集した東洋・日本美術のうち陶磁器が公開されております。桃山から江戸時代にかけての志野、織部、黄瀬戸などの美濃の焼物、鎌倉・室町時代に製作された六古窯(常滑、瀬戸、信楽、丹波、備前、越前)の壺や甕、縄文時代の土器・埴輪など、「日本のやきもの」を中心の展示がされています。また、敷地内の約130種の苔と200本のモミジの「苔庭」や、「萩の道」、「竹庭」など、四季折々に美しい姿をみせる庭園を鑑賞することができ、週末、祝日、11月には巨岩の石組みを中心とした庭園「石楽園」も特別公開をしています。日本でも数少ない陶磁器と庭園が一度に堪能できる美術館です。日本の古文化に興味がある方には是非一度訪れて欲しい場所ですね。

詳細

あなただけの周遊ルートを作ってみませんか?

ツアーのカスタマイズ