箱根美術館

県西1時間

概要

箱根美術館は、箱根町強羅に1952年に開館した箱根で最も古い美術館です。館内では創立者・岡田茂吉が生前に蒐集した東洋・日本美術のうち陶磁器が公開されております。桃山から江戸時代にかけての志野、織部、黄瀬戸などの美濃の焼物、鎌倉・室町時代に製作された六古窯(常滑、瀬戸、信楽、丹波、備前、越前)の壺や甕、縄文時代の土器・埴輪など、「日本のやきもの」を中心の展示がされています。また、敷地内の約130種の苔と200本のモミジの「苔庭」や、「萩の道」、「竹庭」など、四季折々に美しい姿をみせる庭園を鑑賞することができ、週末、祝日、11月には巨岩の石組みを中心とした庭園「石楽園」も特別公開をしています。日本でも数少ない陶磁器と庭園が一度に堪能できる美術館です。日本の古文化に興味がある方には是非一度訪れて欲しい場所ですね。

旅行のヒント

展示物も素晴らしいけれど、なんと言っても美しい日本庭園と情緒あふれる苔庭が一番の見どころ。

利用可能な設備

詳細情報

住所

神奈川県足柄下郡箱根町強羅1300

ウェブサイト

連絡先

0460-82-2623

営業時間

4月-11月 9:30-16:30 12月-3月 9:30-16:00※最終入館は閉館30分前

写真

白雲洞茶苑
県西 2

白雲洞茶苑

箱根強羅公園 
県西 12

箱根強羅公園 

ITOH DINING by NOBU
県西 2

ITOH DINING by NOBU

箱根クラフトハウス(箱根強羅公園)
県西 5

箱根クラフトハウス(箱根強羅公園)