桜の名所と名水をめぐる、秦野コース

湘南 6時間15分

長さ6.2kmに及ぶ県内最長の桜並木「はだの桜みち」をはじめとする秦野市内の桜の名所と、「名水百選」秦野盆地湧水群をめぐるコースです。

周遊ルートに追加 6

シェアする

まいまいの泉

まいまいの泉は大昔に作られた井戸「まいまいず井戸」に由来して名付けられました。現在は、地下水質が改善されたので、地下20mから地下水を自噴させています。

詳細

南小学校の桜

小学校が開校した1892年に記念樹として植えられた2本の桜で、「かながわの名木100選」にも選ばれています。ソメイヨシノは、病虫害にかかりやすいため寿命が短く40~50年で樹勢が衰えるといわれていますが、このソメイヨシノの樹齢はすでに110年を越えています。

詳細

白笹稲荷神社

笠間稲荷神社(茨城県笠間市)、装束稲荷神社(東京都北区)とともに「関東三大稲荷」と言われています。鳥居の手前左側に手水舎があり、この手水が特徴的で、横に渡した竹筒に穴をあけて、そこから水が落ちてくるようになっています。

詳細

はだの桜みち

県道62号線東大竹交差点から県道706号線新橋交差点までは「はだの桜みち」と呼ばれる、県内最長の6.2kmに渡る桜並木が続く絶景スポットです。

詳細

震生湖

神奈川県秦野市と同中井町にまたがる湖です。1923年9月1日に起きた関東大震災でこの付近が陥没し、市木沢がせき止められ震生湖は誕生しました。

詳細

出雲大社 相模分祠

正月の福迎祭、春の梅まつり、夏のほおずき市・朝顔市など四季折々のイベントが催され賑わいを見せる。 境内には湧水「千年の杜の水」が湧き出ており、植樹された木々にうるおいを与えています。湧水周辺には、季節になるとホタルが舞い、幻想的な風景を見せてくれます。 他にも市内には様々な湧水スポットが数多くあります。

詳細

あなただけの周遊ルートを作ってみませんか?

ツアーのカスタマイズ