世界を魅了した超絶技巧の陶器と日本が愛した洋食器の美の競演

横浜・川崎 3時間30分

山手西洋館7館で開催される「花と器のハーモニー」は2001年に始まった初夏のイベントです。2016年はLiving with Flowers~横濱~”をテーマに、7組のコーディネーターが共通花材を用いて、各西洋館の一角に「花」と「器」を使った空間装飾を展開しました。装飾コーディネーターによるフラワーアレンジメント講座(定員制、一部有料)なども催されました。(年度によりテーマが異なり、詳細も変わります) 2日目は新しい横浜・みなとみらい地区を堪能します。

周遊ルートに追加 5

シェアする

宮川香山・眞葛ミュージアム

明治四年、初代 宮川香山は横浜に窯を築きました。世界各地の万国博覧会で絶賛され、多くの作品が海を渡り海外へと輸出されたのです。世界に愛されたやきもの「眞葛焼」。近年、フランス、イギリス、アメリカ等より里帰りを果たした名品を数多く展示し、その作風の変遷も明らかにしていきます。初代宮川香山の“超絶技巧”と、“魔術のごとき色彩の美しさ”をご堪能ください。

詳細

花と器のハーモニー(山手西洋館)

横浜山手西洋館の7つの館で開催される「花と器のハーモニー」は、2001年に始まった初夏のイベントです。2017年は「もてなしの華物語-全7章-」をテーマに、7人のコーディネーターが花・器で館を7館7様に装飾しました。(年度によりテーマが異なる)。 期間中は館内装飾の他、フラワーアレンジメントなど有料講座も開催されます。 開催期間は例年6月第1土曜日から第2日曜日の9日間。

詳細

あなただけの周遊ルートを作ってみませんか?

ツアーのカスタマイズ