箱根神社と並ぶもうひとつのパワースポット 九頭龍神社を訪ねて

県西 8時間15分

良縁を願う女性に人気の神社と箱根唯一の水族館などを訪れるコース。

周遊ルートに追加 0

シェアする

箱根強羅公園 

大正3年(1914)に開園した箱根強羅公園は、桜、つつじ、あじさい、紅葉、バラなど様々な花が楽しめ、点茶体験、陶芸・吹きガラス体験、植物園などの施設も充実しており、1日楽しめる箱根の観光スポットです。

詳細

大涌谷

【現在、大涌谷周辺は火山ガス濃度が高いため、喘息、気管支疾患、呼吸器疾患、心臓病などの方は入れません。】 箱根の火山活動を今に伝える場所として、観光ルートから外せないのが、ここ大涌谷(おおわくだに)です。約3,000年前の箱根火山最後の爆発でできた神山火口の爆裂跡である大涌谷には今でも硫気を含んだ白い噴煙が噴出しており、荒涼たる景観からは「大地獄」と呼ばれていた頃の名残がうかがえます。大涌谷に改名されたのは1873年、明治天皇・皇后両陛下が箱根に御静養に来られる際「両陛下がお出になる地に地獄があってはおそれ多い」と気遣ったためだそうで、もしかしたら今でも大地獄だったのかと思うと何だか残念な気もしますね。現在は「観光センター」が整備され、食事やショッピングも楽しめるようになり、大涌谷特有の酸性熱泥でゆでた「黒たまご」が名物となり人気を博しています。

詳細

箱根神社

箱根神社は、古来、関東総鎮守箱根大権現と尊崇されてきた名社で、交通安全・心願成就・開運厄除に御神徳の高い運開きの神様として信仰されています。今から2400年前、人皇第五代孝昭天皇の御代、聖占上人が箱根山の駒ケ岳を神体山としてお祀りされて以来、関東における山岳信仰の一大霊場となりました。奈良朝の初期、天平宝字元年(757年)御神託により万巻上人が現在の地に里宮を建て、箱根大神をお祀りし、以来関東総鎮守として崇敬されてます。毎年夏に行われる箱根神社伝統の「湖水祭」は、たびたび嵐をおこし人々を苦しめていた九頭の龍を万巻上人が調伏し、芦ノ湖の主・竜神として奉られた故事にならってます。芦ノ湖、老杉並木、天然記念物のヒメシャラの純林等豊かな自然に囲まれた箱根随一のパワースポットです。

詳細

箱根園

見どころ、食べどころ、遊びどころいっぱいの箱根園!箱根の自然を感じながら、レジャーやグルメ・ショッピングなど、一日中楽しめるプレジャーランドです。園内からは芦ノ湖遊覧船や駒ケ岳ロープウェーも発着し、箱根観光の拠点としてたいへん便利です。

詳細

九頭龍神社

九頭龍神社本宮は箱根神社の境外社で芦ノ湖守護神・九頭龍神社をお祀りする社です。芦ノ湖畔静かな森の中にあり、湖に小さな鳥居が立つ九頭龍神社は金運開運、商売繁盛、縁結びに神徳の高い龍神様として広く知られ、毎月13日に本宮で斎行される月次祭りには伊豆箱根船舶「元箱根港」より参拝船が出向し、多くの参拝者が訪れます。本宮に近くには財福の神、七福神のひとつとして信仰される「弁財天」がお祀りされる弁財天社もありますのでこちらにもお参りを。

詳細

NINJA BUS WATER SPIDER

忍者が使う、忍術の1つに『水蜘蛛』という術があります。NINJA BUS WATER SPIDERは、忍者が水の上をスイスイ歩くイメージで、箱根芦ノ湖を水陸両用バスで周遊します。周遊コースは出発地ごとに2つあり、お好きなコースを選ぶことができます。

詳細

あなただけの周遊ルートを作ってみませんか?

ツアーのカスタマイズ