横浜開港資料館

横浜・川崎 30分

概要

横浜開港資料館は山下公園の近くにある歴史資料館で、江戸時代から昭和初期までの横浜に関する国内外資料を調査研究して、収集、展示している施設です。1981年に元英国領事館を改築して開館されました。マシュー・ペリー来航時の記録画にも描かれている中庭のタマクスの木は、度重なる震災で焼失しましたが、その度に根元から再び芽を出して育ち、今では横浜開港のシンボルとされています。約25万点にも及ぶ文書、新聞・雑誌、文献、画像などの所蔵資料をもとに、ペリー来航前後の世界情勢や日本の様子を常設展示室1で、「横浜もののはじめ」を常設展示室2で紹介しています。また、企画展示室では、江戸時代から大正・昭和初期までの横浜の歴史に関わる人物や出来事などに焦点をあてた企画展示を年間4回開催し、横浜の様々な歴史を広く紹介しています。

旅行のヒント

小さな漁村だった横浜が、日本第二の大都市になった華々しい歴史について学んでみよう。それはペリー提督と黒船から始まった。

利用可能な設備

詳細情報

住所

神奈川県横浜市中区日本大通3

連絡先

045-201-2100

営業時間

9:30~17:00まで(最終入館は16:30まで)

休日

月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)、年末年始、ほか臨時休館有り

料金

一般200円、小中学生100円

写真

開港広場
横浜・川崎

開港広場

日本大通り
横浜・川崎

日本大通り

神奈川県庁本庁舎
横浜・川崎

神奈川県庁本庁舎

電話交換発祥の記念碑
横浜・川崎

電話交換発祥の記念碑