コロナウイルスの感染拡大に御注意ください。 詳細はこちら

メインコンテンツにスキップ
MICE 旅行事業者向け情報
大船観音寺

大船観音寺

鎌倉市

神奈川県鎌倉市、大船駅西方にございます大船観音寺は白くて巨大な観音像が目を引きます。この観音像が完成するまでに戦争の影響で工事を中断することもありましたが、昭和35年に完成し今や鎌倉市大船地区のシンボルとなって、多くの参拝者がお越しになり皆さまを優しく見守っておられます。

在住外国人のおすすめポイント

This modern temple is home to the Ofuna Kannon, a 25-meter statue of the Buddhist goddess of mercy, watching serenely over visitors. At the Yume Kannon Festival held in autumn each year, you can watch performances of music and dance from around Asia.

神奈川県鎌倉市にある大船観音寺の前にある階段を上ると、息を呑むような美しさが待っています。大船駅の西側にある、おだやかな雰囲気の観音像です。高さ25メートルのこの観音像は、第二次世界大戦による中断を経て、1960年に完成しました。現在は、毎年秋に夢観音まつりが開催され、全国から集まった音楽や踊りのパフォーマンスを見ることができます。大船観音は、病気・災難除け、子授け・安産、子供の健康と幸福に特にご利益があるとされています。

大船観音寺は1929年に着工し、1934年にその概要が完成しました。太平洋戦争勃発後、一旦中断しましたが、1954年にようやく再開されました。この観音像には、原爆で亡くなった方々の供養のために、広島と長崎の爆心地の石も使われています。興味深いのは、この観音像がコンクリートの塊でできており、コンクリートポンプ車を使わず、すべて手作業で作られていることです。穏やかな佇まいを保つために、外側の多くは白く塗られています。像の内部には小さな博物館と祠堂があり、いずれも300円の拝観料で公開されています。

観音像は、さまざまな国の人々に共通したイメージで捉えられることが多いです。そのため大船観音寺は日本に住む多くの外国人にも親近感を与えています。像のところに置かれた資料は、大船観音が日本人と外国人の間に共通性や親近感を与えることができることを願っています。それを最も反映しているのが、9月に開催される夢観音まつりです。この祭りは、歌や踊り、伝統的な雰囲気を通して、国籍に関係なくすべての人が観音への信仰を通してひとつになる機会なのです。

また、毎月18日(5月を除く)には、一日座禅会を開催しています。この日は観音様の日で、1,000円で禅の体験ができます。瞑想、読経、庭園での作業を通して、禅の生活や修行について学びます。午前9時から9時50分までは、お経を唱えながら座禅を組み、世界平和や公の平和を祈ります。座禅の後は、座禅の一環として、部屋や通路、休憩室、庭の掃除に参加します。昼食は、禅寺の伝統的な食事であるお粥と麦飯をいただきます。食後の片付けをした後は、梅花流詠讃歌(仏教歌)の詠唱に参加します。

大船観音寺へは、JR大船駅西口から徒歩5分とアクセスしやすいです。駐車場がありませんので、車でのアクセスも可能ですが、公共交通機関の利用をおすすめします。

詳細情報

料金

大人:300円 (高校生以上)
子供:100円 (小・中学生)
団体:200円 (20名様以上)
※幼児は無料

周辺を探索する

こちらもおすすめ

玉縄桜(お花見)

玉縄桜(お花見)

横須賀・三浦
大船仲通商店街

大船仲通商店街

横須賀・三浦
大船観音最中 

大船観音最中 

横須賀・三浦
日比谷花壇大船フラワーセンター

日比谷花壇大船フラワーセンター

横須賀・三浦