きもの(袴)でめぐる開港の町横浜

横浜・川崎 4時間15分

きもの(袴)を着て横浜の町をめぐる、人気のコースです。

周遊ルートに追加 148

シェアする

横浜開港資料館

横浜開港資料館は山下公園の近くにある歴史資料館で、江戸時代から昭和初期までの横浜に関する国内外資料を調査研究して、収集、展示している施設です。1981年に元英国領事館を改築して開館されました。マシュー・ペリー来航時の記録画にも描かれている中庭のタマクスの木は、度重なる震災で焼失しましたが、その度に根元から再び芽を出して育ち、今では横浜開港のシンボルとされています。約25万点にも及ぶ文書、新聞・雑誌、文献、画像などの所蔵資料をもとに、ペリー来航前後の世界情勢や日本の様子を常設展示室1で、「横浜もののはじめ」を常設展示室2で紹介しています。また、企画展示室では、江戸時代から大正・昭和初期までの横浜の歴史に関わる人物や出来事などに焦点をあてた企画展示を年間4回開催し、横浜の様々な歴史を広く紹介しています。

詳細

山下公園

山下公園は関東大震災の復興事業として、当時の横浜市助役らが瓦礫などを使って海を埋め立て、1930年(昭和5年)に開園された臨海公園です。周辺には赤レンガ倉庫や大さん橋、中華街、港内観光船ターミナル等多くの観光スポットがあり、園内では、野口雨情の童謡「赤い靴」の「赤い靴はいてた女の子像」や、姉妹都市であるアメリカ・サンディエゴから寄贈された「水の守護神の像」や、「カモメの水兵さんの歌碑」、「インド水塔...

詳細

あなただけの周遊ルートを作ってみませんか?

ツアーのカスタマイズ
学習体験もお土産のひとつ「横浜家族旅行」
横浜・川崎 0

学習体験もお土産のひとつ「横浜家族旅行」

所要時間: 5時間30分

歴史伝統と日本の庶民の生活を感じる商店街めぐり
横浜・川崎 5

歴史伝統と日本の庶民の生活を感じる商店街めぐり

所要時間: 20時間30分

横浜中華街食べ歩きと中国茶体験
横浜・川崎 15

横浜中華街食べ歩きと中国茶体験

所要時間: 3時間45分