早春の梅見物

横浜・川崎 7時間45分

自然公園の一角が梅林となっており、2月中旬から3月頃は多くの品種の梅が咲きます。2月下旬頃に梅見のお茶会のイベントを開催することがあります。

周遊ルートに追加 1

シェアする

三溪園

明治39(1906年)に開園された日本庭園。175,000㎡の園内には京都や鎌倉などから集められた歴史的建造物が点在。四季折々に表情を変える周囲の自然との調和が美しい。

詳細

金沢自然公園

金沢自然公園は、横浜市最大級の緑に囲まれた約60万m²の広大な敷地を有する自然公園です。園内は"動物園エリア"と"植物区エリア"に分かれ、四季の移ろいを感じながら、動物や昆虫、草花を観察することができます。

詳細

浄妙寺

鎌倉五山の寺格を有する建長寺派の古刹で、足利市の菩提寺の一つです。境内は国指定史跡に指定され、枯山水の庭を見ながら抹茶体験や境内の石窯ガーデンテラスでは食事やイングリッシュガーデンも楽しめます。枯山水の庭園を眺めながらお茶を喫することもできます。

詳細

荏柄天神社

長治元年(1104年)鎮座。御祭神は菅原道真公。鎌倉幕府開幕の頃には、源頼朝公により社殿が造営された。現在の社殿は室町期に建立。国の重要文化財に指定されている。境内には漫画家、清水崑のかっぱ絵と川端康成の題字のレリーフが施された「かっぱ筆塚」と横山隆一ら漫画家による漫画絵レリーフの「絵筆塚」がある。

詳細

鶴岡八幡宮

鶴岡八幡宮は、1063年に源頼義によって創立されました。その後、源氏再興の旗上げをした源頼朝公は、1180年に神社を現在の場所に移し、鎌倉幕府の宗社にふさわしく壮大な上下両宮の現在の姿に整えました。 現在の御本殿は、1828年に江戸幕府11代将軍徳川家斉により再建され、代表的な江戸建築として知られており、若宮とともに国の重要文化財に指定されています。 世界中から多くの観光客が訪れ、八百年の長い歴史を伝える境内と季節のお祭りを楽しんでいます。

詳細

あなただけの周遊ルートを作ってみませんか?

ツアーのカスタマイズ
旧東海道 川崎宿を偲ぶ
横浜・川崎

旧東海道 川崎宿を偲ぶ

所要時間: 3時間45分

水陸両用車から見る横浜と横浜三塔めぐり
横浜・川崎

水陸両用車から見る横浜と横浜三塔めぐり

所要時間: 8時間45分

巨大仏像と個性的な寺院
横浜・川崎

巨大仏像と個性的な寺院

所要時間: 18時間30分