箱根石仏群巡りと芦之湯秘湯

県西 8時間30分

旅人の安全を祈願した石仏群と歴史館を巡り、箱根の秘湯を堪能するコースです。

周遊ルートに追加 9

シェアする

石仏群と歴史館

国道1号線沿いにある石仏群で国の重要文化財です。昔からこの地域は火山活動が活発で、旅人に恐れられていたそうです。そのため、石仏や石塔群をつくり旅人の安全を祈願したと言い伝えられています。

詳細

八百比丘尼の墓

約700年前、鎌倉時代から室町時代前期にかけて数多くの石仏や石塔が造られました。これら石仏・石塔の多くは、中世の地蔵信仰を物語る遺物として国の重要文化財に指定され、また、周辺一帯も同様に国の史跡に指定されています。(写真提供:photolibrary)

詳細

六道地蔵

約700 年前鎌倉時代終わりから室町時代前期にかけて、旅ゆく人々を救う仏として信仰された地蔵菩薩を祀る多くの石仏や石塔が造られました。

詳細

多田満仲の墓

今から約700年前の鎌倉時代後期に造られ、国の史跡と重要文化財に指定されています。鎌倉時代には京と鎌倉を結ぶ重要な交通路であり、当時、この地は火山活動の残る荒涼とした地形で「地獄道」と呼ばれ旅人に恐れられていたそうです。 そのため、石仏・石塔群を造り、旅人の安全を祈願したとの事です。

詳細

きのくにや

古くから、東海道を往来する人々にとって最大の難所は箱根越えでした。そんな人々のひとときの癒しの場が箱根・芦之湯温泉です。この芦之湯に、今から300年前の1715年、「きのくにや」は誕生しました。 文人墨客をも魅了し、美肌の湯としても名高い良質な温泉を満喫できます。

詳細

あなただけの周遊ルートを作ってみませんか?

ツアーのカスタマイズ