藤沢自然と歴史トリップ

湘南 11時間45分

藤沢に残る自然を楽しみながら、史跡、寺をめぐり、最後は江の島のスパでゆっくりと疲れを取っていただけます。

周遊ルートに追加 11

シェアする

川名清水谷戸

首都圏の公園や緑地では見られないような、ありのままの自然が残されている地域です。奥に進んでいくと静かな森林に囲まれた泉が広がります。

詳細

新林公園(散策・バードウォッチング)

16.2ヘクタールある園内には、山の尾根に沿う全長1.5kmの自然散策路、遊具のある冒険広場、湧水でできた川名大池があります。ハイキングコースにもなる自然散策路では、ヤマユリなどの自生植物を、川名大池では、カワセミやアオサギなどの野鳥の観察を、湿性地では、湿生植物を見ることができます。池のほとりには江戸時代の古民家(旧小池邸)がある。イノシシも住んでます。

詳細

旧近藤邸

旧近藤邸は、関東大震災の直後の1925年(大正14年)、藤沢市辻堂の松林に別荘として建てられました。当時の和洋折衷の代表的な建物といわれています。設計した遠藤新は、1914年(大正3年)に帝国大学を卒業後、帝国ホテル(旧館)の設計で知られるアメリカの建築家フランク・ロイド・ライトに6年間師事し、その思想を学ぶと同時に、日本の生活と風土に合わせた独特の様式を編み出しました。常に建築と人間との調和を考え、西欧の模倣ではない「真の日本の住宅」を追い求めた遠藤新の精神を、旧近藤邸の随所に読みとることができます。

詳細

江ノ電・江ノ島駅

江ノ島駅は江の島電鉄が運営する駅です。江の島電鉄は日本の民間鉄道会社です。江ノ電江ノ島駅からすばな通り(941番)を通って江の島へ行くことができます。

詳細

龍口寺

龍口寺は、1337年に建立された「日蓮宗」の寺院です。日蓮は国難を憂い、鎌倉幕府へ献策を行いましたが、幕府は日蓮を捕縛し、処刑場のあった龍ノ口に連行します。日蓮が斬首されようとした時、突然光が射し込み、斬首人の目をくらませます。この奇跡を恐れた幕府は、斬首を中止。この跡地に建てられたのが龍口寺です。

詳細

片瀬すばな通り

江ノ電江ノ島駅から片瀬江ノ島駅、もしくは江ノ島へ向かう道に「すばな通り」という商店街があります。この商店街には、主にお食事処が多く並び、なかには昔なつかしい射的場もあります。

詳細

あなただけの周遊ルートを作ってみませんか?

ツアーのカスタマイズ