まるごと箱根めぐり

県西 9時間

都心からのアクセスの良さで人気の箱根には、四季折々に異なる自然の景色や魅力的な博物館、レジャー施設など、どなたでもお楽しみいただけます。

周遊ルートに追加 121

シェアする

箱根園

見どころ、食べどころ、遊びどころいっぱいの箱根園!箱根の自然を感じながら、レジャーやグルメ・ショッピングなど、一日中楽しめるプレジャーランドです。園内からは芦ノ湖遊覧船や駒ケ岳ロープウェーも発着し、箱根観光の拠点としてたいへん便利です。

詳細

駒ヶ岳ロープウェー

海抜1327mの箱根駒ヶ岳山頂へロープウェ-で片道約7分、芦ノ湖を中心に箱庭のような箱根の全景が広がり、北に雄大な富士山が、遠く駿河湾から伊豆半島、伊豆七島、湘南海岸、房総半島まで大パノラマの絶景が展開されています。山頂から大涌谷、早雲山方面へのハイキングルートも整備されシーズン中はハイカー人気コースの起点として賑わっています。また天空の城を思わせるパワースポット箱根元宮にも参拝できます。夏は山頂の平...

詳細

駒ヶ岳山頂

山頂からは富士山の絶景と箱根外輪山の様子が望めます。中央火口丘の駒ヶ岳の山麓ではハコネコメツツジ等の風衝岩場の植物がみられます。

詳細

箱根園水族館

箱根園水族館は日本で二番目に高い標高にある水族館で、1979年にオープンしました。館内は海水館と淡水館、バイカルアザラシ広場で構成されていて、450種・32000点の生物が飼育展示されています。館内は山の上の水族館と侮ることのできない展示内容で、メインの大水槽は水量1255tに水深7m、底に朽ちた沈没船を横たわらせる演出がされ、また、大型のサメ、ペンギンなどゆかいな仲間たちとも出会えます。標高が高く涼しいというメリットを生かして広い屋外プールでバイカルアザラシがたくさん飼育されており、ほかの水族館とは一味違った趣向を楽しむことができます。

詳細

芦ノ湖遊覧船

芦ノ湖遊覧船は大正9年に開業し、双胴遊覧船を初めて就航したことで知られています。現在は箱根関所跡港、 元箱根港、箱根園港、ターミナル湖尻港の4つの港をつなぐ定期船と、4港どこから乗船しても遊覧して同じ港に戻ってくる周遊船があります。特に優れた安定性と2隻分の広い船内を誇る双胴遊覧船は揺れのない快適な船旅が楽しめ、展望甲板から見る視界360度の景観を眺めることができます。また、1階船室からガラス越しに覗けるコックピットの後ろに立ってキャプテン気分が味わうのも一つの楽しみです。他にも別の会社が運航する海賊船を模した箱根観光船があり、どちらもロープウェー乗車券などをセットにしたお得なチケットを販売しているので、それぞれのホームページなどをチェックして、賢くリーズナブルな箱根の旅を満喫して下さいね。

詳細

大涌谷

【現在、大涌谷周辺は火山ガス濃度が高いため、喘息、気管支疾患、呼吸器疾患、心臓病などの方は入れません。】箱根の火山活動を今に伝える場所として、観光ルートから外せないのが、ここ大涌谷(おおわくだに)です。約3,000年前の箱根火山最後の爆発でできた神山火口の爆裂跡である大涌谷には今でも硫気を含んだ白い噴煙が噴出しており、荒涼たる景観からは「大地獄」と呼ばれていた頃の名残がうかがえます。大涌谷に改名されたのは1873年、明治天皇・皇后両陛下が箱根に御静養に来られる際「両陛下がお出になる地に地獄があってはおそれ多い」と気遣ったためだそうで、もしかしたら今でも大地獄だったのかと思うと何だか残念な気もしますね。現在は「観光センター」が整備され、食事やショッピングも楽しめるようになり、大涌谷特有の酸性熱泥でゆでた「黒たまご」が名物となり人気を博しています。

詳細

あなただけの周遊ルートを作ってみませんか?

ツアーのカスタマイズ