コロナウイルスの感染拡大に御注意ください。 詳細はこちら

メインコンテンツにスキップ
MICE 旅行事業者向け情報
野毛地区

野毛地区

戦後の闇市時代に何でもそろうと言われた賑わった街。飲み屋さんが立ち並び、最近はバルやビストロ風の店も増えてきています。横浜で最も有名、かつディープな飲み屋街。庶民的な居酒屋から個性的なバーまで、狭いエリアにさまざまな飲食店がひしめいています。野毛エリアの飲食店で利用できる、お得なサービス付きの野毛手形(金券)1,500円2枚セット。販売場所やサービス詳細は公式サイトでご確認ください。

お手頃価格のバーやビストロが立ち並ぶ野毛地区で、活気あふれる横浜のナイトライフを楽しみましょう。600軒以上の飲食店が勢ぞろいする野毛地区なら、誰もが楽しむことができます。4~50年前の昭和の面影を残すこのエリアは、日本の古き良き時代の雰囲気が感じられる場所で、和気あいあいとした風情が、幅広い年代層に支持される秘密です。

1923年に起こった関東大震災で、野毛地区は横浜の他地域同様大きな被害を受け、第二次世界大戦中や戦後においてもほとんど放置された状態でした。戦後、近隣地区が米軍に占領されたとき、地元の人たちは無人の野毛に避難し、野毛は闇市として繁栄しました。当時、「野毛に行けば何でも手に入る」と言われ、食べ物からお酒まで、400軒以上の露店が軒を連ね、遠方からも大勢の人が訪れました。

音楽や演劇ファンにとっても、野毛は懐かしい歴史が詰まった場所です。往年の人気ミュージシャン達は野毛で自分の歌を見出し、その後世界の舞台へと羽ばたいていきました。現在もこの地区で変わらず人気があるのは、ジャズバーです。第二次世界大戦後、ジャズは進駐軍の主要な娯楽でした。軍施設内でのみ許可されていたにもかかわらず、ジャズは地元のクラブやレストランに浸透していったのです。秋には、ジャズプロムナードやジャズ盆踊りなど、ジャズ風にアレンジされた日本の伝統的なお祭りを楽しむことができます。

大道芸も見逃せないお祭りです。野毛で生まれたこのお祭りは、1986年、地域活性化のために始まりました。毎年春と秋に開催され、国内外から多数のパフォーマーが集結します。ジャグリングやアクロバット、バルーンアートなど、さまざまなジャンルの大道芸が楽しめるほか、もちろん、野毛のおもてなしや仲間意識も存分に味わえます。

戦後の闇市から発展した野毛地区は、現在は、そして今もなお、「おいしいものなら」何でも手に入る街であり続けています。このエリアには、大衆向けの立ち飲み屋や風変わりでユニークなバー、そして伝統的な日本の居酒屋などがあります。野毛にはなんと、参加店舗のバーやレストランで使える「野毛通手形」と呼ばれる特別なクーポン券もあります。1綴り1,500円で、さまざまなサービスや割引が受けられます。野毛地区の70店舗以上で利用でき、野毛通手形マークが掲示された店舗でクーポン券を見せると、特別メニューが提供され、支払いも「野毛通手形」で行えます。手形は、野毛地区内のファミリーマートおよびニューデイズで購入できます。

野毛地区を夜訪問する

横浜で最も有名、かつディープな飲み屋街。庶民的な居酒屋から個性的なバーまで、狭いエリアにさまざまな飲食店がひしめいています。野毛エリアの飲食店で利用できる、お得なサービス付きの野毛手形(金券)1,500円×2枚セット。販売場所やサービス詳細は公式サイトでご確認ください。

周辺を探索する

こちらもおすすめ

野毛たべもの横丁

野毛たべもの横丁

横浜・川崎
都橋商店街(ハーモニカ横丁)

都橋商店街(ハーモニカ横丁)

横浜・川崎
吉田町名店街

吉田町名店街

横浜・川崎
横浜成田山

横浜成田山

横浜・川崎