メインコンテンツにスキップ
Opens in a new window Opens in a new window Opens in a new window Opens in a new window
旅行事業者向け情報
オススメ

季節の彩りを楽しむ古都鎌倉の社寺

湘南 半日 43

外国人にとって季節の彩りを楽しむ花の観賞は人気があります。鎌倉には花が名所の趣のある日本らしい社寺が数多く存在し、季節によって変わる様々な姿を楽しむことができます。

開始

荏柄天神社

鎌倉市 30分

平安時代鎮座。北野天満宮、太宰府天満宮と併せ日本三古天神とも称されます。御祭神である菅原道真公が学問に秀でていたことから、学業成就や受験合格の祈願社で賑わい、昭和の漫画家に縁深い二つの筆塚も有名です。...

源頼朝法華堂跡(源頼朝墓)

鎌倉市 15分

源頼朝墓と伝わる石塔があり、かつて頼朝を弔った法華堂(墳墓堂)の跡地と推定されています。付近には北条義時を弔った法華堂の遺構も確認されており、合わせて国指定史跡に指定されています。...

鶴岡八幡宮

鎌倉市 1時間

鶴岡八幡宮は、宇佐・石清水と共に全国の八幡宮を代表する大社である。康平6年(1063)源頼義が奥州を鎮定して帰り、鎌倉に入り、海岸近くの由比郷鶴岡の他に潜かに石清水八幡宮を勧請し鶴岡若宮と称した。その後治承4年(1180)源頼朝が鎌倉に入ると小林郷北山(現在の鎮座地)に遷座し、その後建久2年(1191)社殿を後背の大臣山の中腹に造営し、新たに石清水八幡宮を勧請して、現在の壮観な上下両宮の姿が整えられた。爾来当社は鎌倉幕府の宗祀の首座に置かれ、源氏の氏神、武門の守護神として篤く崇敬された。現在の本殿は文政11年(1828)江戸幕府11代将軍徳川家斉により再建されたもので、摂社若宮と共に国の重要文化財に指定されている。御祭神:応神天皇・比売神・神功皇后例祭日:9月15日境内に摂社若宮・末社武内社・丸山稲荷社・白旗神社・祖霊社・旗上弁財天社、境外末社に今宮・由比若宮がある。...

段葛

鎌倉市 15分

二の鳥居から鶴岡八幡宮へ約500m続く中央の一段高い参道を段葛と呼ぶ。1182年に源頼朝公が妻政子の安産を祈って従来の参道を整備した。左右の堤にさくらやつつじが植えられ、花の季節は特に美しい景観となる。...

シェア

モデルコース

鎌倉の絶景を楽しむハイキング! image

鎌倉の絶景を楽しむハイキング!

半日, 湘南
鎌倉龍めぐり(宮彫りの世界を学ぶ) image

鎌倉龍めぐり(宮彫りの世界を学ぶ)

一日, 湘南
日本の文豪の足取りをたどる鎌倉の小径 image

日本の文豪の足取りをたどる鎌倉の小径

湘南
美しい参道に想いを馳せて 鎌倉の四季を楽しむ image

美しい参道に想いを馳せて 鎌倉の四季を楽しむ

一日, 湘南