麻生区の歴史散歩と陶芸体験

横浜・川崎 3時間45分

8世紀頃から朝廷への貢ぎ物だった麻布の原料である麻を広く産した地であったことによると伝えられてる、川崎の麻生区の歴史を辿るコースです。また、陶芸体験をとおして、日本文化もご体験いただけます。

周遊ルートに追加 11

シェアする

浄慶寺

緑の丘に囲まれ梅雨時になると1967年頃から植えられている紫陽花が咲き誇り、「柿生のあじさい寺」と呼ばれています。

詳細

柿生郷土史料館

2010年に柿生中学校の改築に合わせ、同中学校内に開設されました。当館は旧柿生村10カ村と岡上村の「郷土資料館」という位置づけで、郷土の文化を守り、地域に展示公開することにより、地元の先人の足跡を今に残す施設となっています

詳細

陶芸教室櫻陶房

陶芸家「加茂道子」が運営する陶芸教室です。陶芸作品の作成依頼・オリジナル陶器・プレゼント・引き出物・お祝いの作成依頼等も受け付けています。

詳細

あなただけの周遊ルートを作ってみませんか?

ツアーのカスタマイズ