歴史伝統と日本の庶民の生活を感じる商店街めぐり

横浜・川崎 20時間30分

神奈川県内には鎌倉時代から続く歴史ある商品を扱う店舗や、昭和レトロを感じさせる商店街、庶民の台所として生鮮品や雑貨を扱い日本人の生活を体感できる商店街が数多く存在します。このコースは数多くの商店街をめぐることにより日本のより深い文化を体験できるコースです。

周遊ルートに追加 5

シェアする

六角橋商店街

昭和の面影を残すレトロな商店街。仲見世通りを中心に約170件の様々な業種の店舗が並ぶ。ドッキリヤミ市場や、商店街プロレス等のイベントも好評。(ドッキリヤミ市場は、4月から10月の第3土曜日の夜に開催。フリーマーケットとライブが中心の楽しいイベントです。) ナイトライフ 例年4~7月、9~10月の第3土曜の夜に開催されるフリーマーケットです。「ふれあい通りアーケード」には飲食店などが出店し、さらに商店街の数カ所では音楽ライブ、ダンスパフォーマンス、大道芸人のショーなども楽しめます。 ナイトライフ特集ページ

詳細

松原商店街

保土ヶ谷宿の程近く、東海道筋に発展した商店街で「横濱のアメ横」とも称される活気ある商店街です。人情味あふれる下町の商店街を歩いてみてはいかがでしょうか。

詳細

霧笛楼

横浜元町にある1981年開業のフレンチレストランです。地産地消を大切に、伝統的な仏蘭西料理を霧笛楼オリジナルの横浜スタイルにアレンジすることで、軽やかで素材の味を生かすメニュー作りを心がけています。

詳細

若宮大路

源頼朝が妻、政子の安産祈願のため造営したと伝えられる由比ヶ浜から鶴岡八幡宮へ通じる参道で、鎌倉のまちづくりの中心となりました。発掘調査によって、今よりも鎌倉駅側にひろがっていた広い道であることが分かっています。海岸側から一の鳥居、二の鳥居、三の鳥居と並んでいて、二の鳥居と三の鳥居の間に残る段葛は、縁石を兼ねる葛石を置いたという意味をもつ道です。左右に飲食店、ブティックなどが並び、日本の道百選の一つに数えられています。

詳細
鎌倉彫資料館
周遊ルートに追加 クーポンを表示

鎌倉彫資料館

室町時代~現代までの鎌倉彫の名品および資料約50点を展示。制作工程の映像も常時上映している。2時間彫刻体験教室も人気があり、専任講師による丁寧な指導で初心者でも気軽に楽しめる。(HPより要事前予約)

詳細

箱根湯本駅前商店街

箱根土産が集まる街として有名な箱根湯本。小田急ロマンスカーの終着駅、箱根湯本の駅前はみやげ物店が軒をつらねており活気に溢れています。お土産探しは旅の醍醐味のひとつ。銘菓や海産物、温泉グッズ、天然木材の豊かな色彩と木目を活かして模様を作り出す、箱根ならではの寄木細工の小物など、じっくり見て廻ればきっと運命の出会いがあるはず!

詳細

宮ノ下商店街

レトロな温泉地の特徴を活かした商店会で箱根の中心にありながら通過地点になりがちな商店会が「さんぼを核としたまちおこし」をテーマに、商店会のメンバーがガイドとなる「宮ノ下さんぽ」等のイベント、「セピアコレクション」、「森の読書室」などの試みを行っています。嶋写真店は富士屋ホテルと同じ年に創業し今年で136年目を迎える老舗中の老舗。チャップリンの素顔やヘレンケラーの写真など珍しい写真を店頭に飾っています。

詳細

ちん里う本店

小田原城最後の料理長・小峯門弥が、明治4年(1871年)に開業した料亭「枕流亭(ちんりゅうてい)」が起源の梅専門店。大正時代に小田原駅の開業にあわせ駅前に店舗を移設し、店名を読みやすく「ちん里う本店(ちんりうほんてん)」と改名して今日に至っています。主力の商品は、極上の国産完熟梅と塩だけで作った昔ながらの梅干で、完熟ならではの芳香ととろけるような果肉が、梅干通のお客様から支持されております。その他、梅・桜・赤じそを用いた漬物類も数多く取り揃えており、梅酒や梅の和洋菓子も人気です。中でも梅や地産の果実を使った焼菓子が好評で、梅干同様「余計な物を加えず素材のよさを生かした」商品をお楽しみください。

詳細

倭紙茶舗 江嶋

1661年創業。江戸時代のはじめから続く日本茶・海苔と和紙の老舗です。昭和初期に建築された、ひさしの部分に張り出している「出しげた造り」が特徴の店舗は、風情が漂います。取り扱っているお茶のほぼ90%が静岡県掛川産の深蒸し茶ですが、ほうじ茶・玄米茶、京都宇治の抹茶など、厳選された香り豊かな日本茶を取り扱っています。色鮮やかな日本全国の和紙、色紙や海外へのお土産に最適な和工芸品も数多く取り揃えています。「小田原街かど博物館」として、店内には、江戸時代の台帳や、店舗建築時(昭和3年)に各棟梁に配布した皮製のハッピなどの展示もあります。

詳細

だるま料理店

創業明治26年。相模湾で水揚げされる魚介を中心に使った、天ぷらや寿司などの料理が評判です。重厚で趣のある建物は、国指定登録有形文化財です。歴史感じる店内で、城下町・小田原で愛され続けるお料理をごゆっくりお楽しみください。

詳細

石川漆器

創業以来、国産の材用にこだわり、安心・安全を心がけ、伝統の技法で頑固に作り続けている品に加え、塗り・デザインにも新しい意匠をこらし、暮らしの器として広くご利用頂ける品を作っております。また、陶器等の作家達の作品も取り揃え、ジャパンオリジナルな生活提案をする店として皆様に心地よい空間を提供しております。

詳細

小田原宿なりわい交流館

なりわい交流館は、昭和7年に建設された旧網問屋を再整備したものです。誰でも立ち寄れる「お休み処」や市民活動の発表の場として、気軽にご利用いただけます。また、2階のイベントスペースでは、現在、地場産業の情報発信や、生涯学習、文化活動などの各種イベント会場として、多くの市民や観光客が交流する場として利用されています。「小田原ちょうちん」は、折りたたみ可能な蛇腹形が特徴的な提灯で、動揺「おさるのかごや」でも知られる提灯です。和紙にお好きな絵や文字を描き、竹ひごで作った骨組みに貼り付けてつくります。小田原に来たお土産に、ぜひオリジナル提灯を作ってください。

詳細

小田原かまぼこ通り

かまぼこの本店が軒をかまえ、塀も囲いもなく自由に散策していただけます。かつて魚市場だったこともあり、かまぼこ屋だけではなく干物屋、鰹節屋、料亭、飲食店、和菓子屋など30店舗あまりが連ねる通りです。

詳細

あなただけの周遊ルートを作ってみませんか?

ツアーのカスタマイズ
川崎地区の産業観光(食品編)
横浜・川崎 7

川崎地区の産業観光(食品編)

所要時間: 4時間15分