コロナウイルスの感染拡大に御注意ください。 詳細はこちら

メインコンテンツにスキップ
MICE 旅行事業者向け情報
横浜市電保存館

横浜市電保存館

「横浜市電」は、明治37年から昭和47年まで約70年間にわたって“ちんちん電車”の愛称で親しまれ、横浜市民の足として活躍しました。横浜市電保存館は、市電が廃止された翌年の昭和48年に滝頭車両工場跡地に開館し、その後、昭和58年には、現在の市営住宅1階に建て直されました。館内には、7両の市電車両、停留所標識、敷石を当時の姿で保存、市電が走っていた時代の「時間」と「空気」を感じていただけるよう再現しています。

旅行のヒント

横浜では日本で初めての鉄道が開通したが、ここはまた素晴らしいトロリーシステムの本拠地でもあった。座席に座って、街中を走っていた頃を想像しながら、たくさんの修復された車両を見てまわろう。

詳細情報

営業時間
  • 9:30〜17:00

推奨期間: 30分

休日 時期によって異なる為要確認
料金 大人(高校生以上)300円、3歳から中学生100円
利用可能な設備
  • バリアーフリー
  • Wi-Fi利用可能

周辺を探索する

こちらもおすすめ

八幡橋 鴨下丸

八幡橋 鴨下丸

横浜・川崎
ドルフィン

ドルフィン

横浜・川崎
粟津紅花書道教室

粟津紅花書道教室

横浜・川崎
三殿台遺跡・考古館

三殿台遺跡・考古館

横浜・川崎