掃部山公園

横浜・川崎15分

(写真提供:photolibrary)

概要

掃部山公園(かもんやまこうえん)は、西区の横浜みなとみらい21を見下ろす高台にある公園です。公園のある丘は当初、明治初期に鉄道開通に携わったエドモンド・モレルなど外国人鉄道技師の官舎があったことから鉄道山と呼ばれていました。その後明治17年に旧彦根藩が買い取り井伊家の所有となり、横浜開港50年記念に横浜開港に貢献した井伊直弼の銅像が建立されたことで、井伊の名乗っていた「井伊掃部頭直弼(いい かもんのかみ なおすけ)」にちなんで掃部山と呼ばれるようになりました。大正3年に横浜市に寄付され掃部山公園として整備され今に至っています。園内には井伊直弼の銅像のほか、200本の桜が植えられており、桜の名所としても有名で春には毎年多くの花見客で賑わっています。

詳細情報

住所

神奈川県横浜市西区紅葉ケ丘57

写真

横浜能楽堂オリジナルのお土産
横浜・川崎 2

横浜能楽堂オリジナルのお土産

横浜能楽堂
横浜・川崎 6

横浜能楽堂

伊勢山皇大神宮
横浜・川崎 5

伊勢山皇大神宮

横浜成田山
横浜・川崎 4

横浜成田山