異国情緒あふれる山手の街並みを行く

横浜・川崎 4時間30分

中華街から少し足を延ばしたところにある異国情緒あふれる山手地区を散策し、元町でショッピングも楽しめるルートです。

周遊ルートに追加 0

シェアする

山手111番館

山手111番館は、大正15年にアメリカ人ラフィン氏の住宅として建設されました。 設計者は、J.H.モーガンで、赤い瓦屋根に白壁の建物は、地階がコンクリート、地上が木造2階建ての寄棟造りです。 創建当時は、地階部分にガレージや使用人部屋、1階に吹き抜けのホール、厨房、食堂と居室、2階は海を見晴らす寝室と回廊、スリーピングポーチを配していました。 横浜市は、平成8年に敷地を取得し、建物の寄贈を受けて保存、改修工事を行い、平成11年から一般公開しています。館内は昭和初期の洋館を体験できるよう家具などを配置し、設計者モーガンに関する展示等も行っています。現在、ローズガーデンから入る地階部分は、喫茶室として利用されています。

詳細

横浜市イギリス館

横浜市イギリス館は、昭和12年に英国総領事公邸として、上海の大英工部総署の設計によって建てられました。広い敷地と鉄筋コンクリート2階建ての大きな建物は当時の東アジアにある領事公邸の中でも上位に格付けされていました。1階にはサンポーチ、客間、食堂が並び、広々としたテラスから芝生の庭に繋がり、2階の寝室や化粧室からは、美しく整備された庭や港が一望できる広い窓が設置され、地下にはワインセラーも設置されていました。昭和44年に横浜市が取得後は、1階ホールはコンサートに、2階集会室は会議等に利用されるだけでしたが、平成14年からは、2階で復元された寝室部が一般公開されるようになりました。

詳細

横浜外国人墓地

ペリー艦隊の水兵を葬ったのが始まりで、今では約40か国・5000人以上の外国人が埋葬されています。日本の西洋文化への発展に関わる多くの著名な外国人の墓所もあり、歴史的な観点からも貴重な場とされています。

詳細

あなただけの周遊ルートを作ってみませんか?

ツアーのカスタマイズ
南武線沿線散策
横浜・川崎 55

南武線沿線散策

所要時間: 2時間30分

海の生き物と草原の動物 もう一つの姿発見
横浜・川崎 2

海の生き物と草原の動物 もう一つの姿発見

所要時間: 5時間