茅ヶ崎ゆかりの人物を巡る

湘南 4時間

茅ヶ崎ゆかりの人物を巡る旅。 小説家 開高健記念館を訪れたあとは、小津安二郎が定宿としていた茅ヶ崎館で優雅な昼食をお召し上がりいただきます。 帰路は、サザン通りや雄三通りなど、著名人の名前がついた商店街を散策し、茅ヶ崎ならではのお店で”ちょこっと買い”をお楽しみください。

周遊ルートに追加 11

シェアする

開高健記念館

小説家開高で知られる開高健は1974(昭和49)年に、東京杉並から茅ヶ崎市東海岸南のこの地に移り住み、1989(平成元)年になくなるまでここを拠点に活動を展開しました。その業績や人となりに多くの方々に触れていただくことを目的に、その邸宅を開高健記念館として開設したものです。

詳細

茅ヶ崎サザンC

サザンオールスターズのCDジャケットにもなったサザンビーチちがさきのシンボル「茅ヶ崎サザンC」は、Cの右側に人が立つとCの切れ目が繋がって円(縁)になることから縁結びスポットとしても有名です。円の中心に「えぼし岩」が顔を出した写真が撮れる、茅ヶ崎観光の定番撮影スポットです。

詳細

サザン通り

茅ヶ崎駅南口のツインウェーブからサザンビーチちがさき海水浴場まで続く通り。この通りにある「サザン通り商店街」では、人気バンド「サザンオールスターズ」の名にちなんだ商品がいくつかあり市外からも人気があります。また、夏には浮き輪等を抱えて海水浴に向かう人たちで賑わいます。

詳細

雄三通り

駅正面に位置し南口で最も賑わいのあるこの通りの名は、かつて加山雄三が住んでいたことに由来するといわれています。

詳細

あなただけの周遊ルートを作ってみませんか?

ツアーのカスタマイズ