飯山の白龍伝説になぞられたスポットを巡るハイキング

県央 3時間45分

「飯山の七不思議」のうちのひとつ白龍伝説を辿って巡るハイキングコース。「白龍伝説」とは、昔日照りが続き農民達は雨乞いの行事をして、白山山頂の白山池の水を空にしたという。すると白山池に棲む飯山観音の化身「白龍」が、水を求めて舞いだし、相模平野に三日三晩の雨を降らせて、農民たちに豊年満作をもたらせたという伝説です。

周遊ルートに追加 0

シェアする

白山山頂展望台

飯山白山自然公園内を行く自然と歴史のふれあいコース。白山は標高284メートルで山頂には、雄大な眺めが楽しめる白山展望台があります。ほかには白山神社、白山池があり、白山池は伝説にもある年中水の枯れたことのない雨乞いの池です。また、かながわの景勝50選に選ばれている飯山観音など見どころも盛りだくさん。

詳細

飯山観音

坂東三十三カ所霊場の第六札所。桜の名所でもある。かながわ景勝50選の地にも選ばれている。市指定文化財の銅鐘と観音堂もある。観音堂は、江戸時代中頃(18世紀中期)の建築と推定されている。(写真提供:photolibrary)

詳細

弘徳寺

親鸞聖人の門弟 信楽房(しんぎょうぼう)が開基の寺。親鸞聖人の子 善鸞が東寺を聖人の旧跡と慕って滞在し、当地で往生したといい、墓所があります。

詳細

あなただけの周遊ルートを作ってみませんか?

ツアーのカスタマイズ