季節の彩りを楽しむ古都鎌倉の社寺

横須賀・三浦 3時間30分

外国人にとって季節の彩りを楽しむ花の観賞は人気があります。鎌倉には花が名所の趣のある日本らしい社寺が数多く存在し、季節によって変わる様々な姿を楽しむことができます。

周遊ルートに追加 19

シェアする

荏柄天神社

長治元年(1104年)鎮座。御祭神は菅原道真公。鎌倉幕府開幕の頃には、源頼朝公により社殿が造営された。現在の社殿は室町期に建立。国の重要文化財に指定されている。境内には漫画家、清水崑のかっぱ絵と川端康成の題字のレリーフが施された「かっぱ筆塚」と横山隆一ら漫画家による漫画絵レリーフの「絵筆塚」がある。

詳細

鶴岡八幡宮

鶴岡八幡宮は、1063年に源頼義によって創立されました。その後、源氏再興の旗上げをした源頼朝公は、1180年に神社を現在の場所に移し、鎌倉幕府の宗社にふさわしく壮大な上下両宮の現在の姿に整えました。 現在の御本殿は、1828年に江戸幕府11代将軍徳川家斉により再建され、代表的な江戸建築として知られており、若宮とともに国の重要文化財に指定されています。 世界中から多くの観光客が訪れ、八百年の長い歴史を伝える境内と季節のお祭りを楽しんでいます。

詳細

段葛

若宮大路のほぼ中央、二の鳥居から鶴岡八幡宮へ約500m続く道「段葛」は源頼朝公が妻政子の懐妊を機に安産祈願の願いを込め、鶴岡若宮から由比ガ浜までの参道として作ったものです。

詳細

あなただけの周遊ルートを作ってみませんか?

ツアーのカスタマイズ
鎌倉山でグルメ散歩と江の島散策
横須賀・三浦

鎌倉山でグルメ散歩と江の島散策

所要時間: 8時間30分

古都鎌倉で日本文化体験
横須賀・三浦

古都鎌倉で日本文化体験

所要時間: 5時間30分