観音崎灯台から浦賀水道を行き交う船を見渡す

横須賀・三浦 5時間30分

三浦半島東端の岬にある観音崎から浦賀水道を挟んで房総半島を望めます。灯台周辺の観音崎公園では波打ち際をのびる遊歩道があり、潮風を感じながら散策できます。

周遊ルートに追加 0

シェアする

横須賀美術館

自然豊かな三浦半島の東端、風光明媚な観音崎にある美術館です。日本近現代美術作品約5,000点を所蔵されています。多彩な企画展のほか、環境と調和したユニークな建築と絶景美術館にも選ばれた抜群の眺望が魅力です。有名シェフが総料理長のイタリアンレストランも人気です。

詳細

県立観音崎公園

県立観音崎公園は、東京湾に突き出た観音崎のほぼ全域に広がっています。海上を行き交う船舶を眺めたり、シイやタブを中心とした照葉樹林のなかを散策したり、色々なレクリエーションをご体験いただけます。また周辺には、日本最初の洋式灯台「観音埼灯台」や、東京湾を中心とする森、川、海の自然と人との関わりなどを考察し展示した「観音崎自然博物館」や、横須賀市の海を描いた作品、横須賀、三浦半島ゆかりの作家の作品を展示する「横須賀美術館」などもあります。

詳細

観音埼灯台

観音埼灯台は西洋文化の魁として明治2年にお雇いフランス人技師F.Lヴェルニーの設計により建設され、現在の灯台は3代目です。風光明媚な神奈川県立観音崎公園内に位置し、のぼれる灯台で東京湾を航行する船舶や対岸の房総半島が一望できます。灯台展示資料室もあり、灯台用レンズ等の貴重な資料が展示されています。

詳細

あなただけの周遊ルートを作ってみませんか?

ツアーのカスタマイズ