幸福の水と丹沢山系の伏流水でつくる蔵元を訪ねて

県央 3時間15分

清らかな水に恵まれ、水とともに発展してきた地域の歴史的な神社や酒蔵などを訪れます。

周遊ルートに追加 0

シェアする

座間神社

古くから「相模の飯綱様」と親しまれ、もとは長野県の飯綱権神社が本社です。境内に続く座間公園は桜の名所で、大山・丹沢・箱根の山々を花越しに望める絶景です。

詳細

酒蔵SHOP 「酒友館」

酒蔵の創業は、江戸安政4年(1857年)。県内有数の穀倉地帯である海老名耕地(えびなごうち)に蔵を構えた私達の祖先は、地元の農業と共に、潤沢な米と丹沢山系の伏流水という2つの恵みを生かした酒造りを始めました。海老名耕地は、その歴史をさかのぼれば、2,000年前から始まり、3~4世紀には多くの古墳が造られ、8世紀には相模國の国分寺も建立された古代からの穀倉地帯です。いにしえの人たちによって守られ、手渡されてきた米作り、そして、酒造りの伝統を次の世代へとさらに手渡すことを夢見て、泉橋酒造は、「栽培醸造蔵」としての歩みを進めています。

詳細

あなただけの周遊ルートを作ってみませんか?

ツアーのカスタマイズ