春の相模原で桜めぐり

県央 2時間45分

「かながわの花の名所100選」に選ばれている相模原市役所前のさくら通りや公園など自然豊かな相模原市内の桜のスポットを巡るコースです。

周遊ルートに追加 17

シェアする

県立相模原公園

県立相模原公園は、広々とした芝生広場、メタセコイア並木に囲まれたフランス式庭園、花菖蒲園、温室グリーンハウス、雑木林などで構成され、潤いと癒しが得られる大らかな公園となっています。

詳細

相模原市役所前さくら通り(お花見)

相模原市内でも有数の桜の名所で、「かながわの花の名所100選」にも選ばれています。約1.6キロの区間に約300本ものソメイヨシノが植えられ、春には桜が咲き誇ります。並木道は、市民桜まつりのメイン会場にもなり、桜の開花期間には桜のライトアップも行われ、夜桜も楽しめます。写真提供:一般社団法人 相模原市観光協会

詳細

相模川自然の村(大島桜見学)

春はお花見、夏にはキャンプが楽しめます。四季の小川と日だまりの池は、小さなお子様でも安心して水遊びが楽しめる浅さです。また、江戸時代中期の青柳寺庫裡を復元した古民家園(神奈川県の重要文化財)を囲んで芝生広場が広がっており、江戸情緒を感じることもできます。

詳細

あなただけの周遊ルートを作ってみませんか?

ツアーのカスタマイズ