津久井湖城山公園散策と三太旅館

県央 5時間

県立津久井湖城山公園は城山ダムの両岸と、戦国時代の山城、津久井城跡を利用した公園で自然を楽しめます。三太旅館は昭和20年代に一世を風靡したラジオドラマ「おらあ三太だ」の原作者・青木茂がこの物語を執筆した旅館で、三太物語”の発祥の地です。当時の面影をそのまま残す、趣のある旅館に宿泊します。

周遊ルートに追加 1

シェアする

津久井湖城山公園

城山ダムの両岸と戦国時代の山城、津久井城跡を利用した公園です。公園の中心地である「根小屋地区」には管理事務所兼展示施設であるパークセンターが置かれており、また戦国時代の城の名残りがいたるところにみられます。 「水の苑地」には湖畔テラスや噴水、「花の苑地」にはハーブや宿根草が植えられたガーデンテラスがあります。写真提供:一般社団法人 相模原市観光協会

詳細

尾崎咢堂記念館

尾崎咢堂記念館は、「憲政の神」といわれた尾崎行雄(咢堂)を多くの人に知ってもらおうと、生誕地である尾崎家代々の屋敷跡に昭和32年1月に建設されました。春になると、咢堂が日米友好の証としてワシントンポトマック河畔に贈り、成長して里帰りしたという 「咢堂里帰り桜」の一つ「普賢象」やソメイヨシノが咲きほこります。敷地内には、尾崎自身の筆による「善悪乃標準の碑」が建てられており、館内には写真や肖像画、遺品のほかに幅広い活動の足跡を物語る資料が保存、展示されています。

詳細

三太旅館

三太物語の発祥の地に立つ静寂な古民家風の旅館になります。特に6月には庭で無数の蛍が楽しめます。夏休みにはキャンプ、バーベキューなどで賑わいます。

詳細

宮ケ瀬ダム

宮ケ瀬ダムは、神奈川県北西部・東丹沢にある首都圏最大級の重力式コンクリートダムです。4月から11月の毎週水曜日、第2、第4金曜日、第2日曜日に、11時と14時の2回、6分間の観光放流を行っています。

詳細

あなただけの周遊ルートを作ってみませんか?

ツアーのカスタマイズ