明治政界の奥座敷“大磯”にて明治時代を感じる

湘南 3時間

湘南発祥の地「大磯」は明治期の避暑地として栄えた別送文化の佇まいが残る、「湘南の奥座敷」。明治期に大活躍した「徳富蘇峰記念館」と「旧吉田茂邸」を見学します。

周遊ルートに追加 0

シェアする

旧吉田茂邸

旧吉田茂邸は戦後の内閣総理大臣を務めた吉田茂(1878-1967) が暮らしていた邸宅です。もとは1884年に吉田茂の養父・吉田健三が土地を購入し、別荘を建てたのがはじまりですが養父亡きあと吉田茂が邸宅を引き継ぎました。1945年より大磯の邸宅を本邸とし、晩年を過ごしました。 本施設は吉田茂が暮らした当時の邸宅を復元したものです。

詳細

徳富蘇峰記念館

徳富蘇峰を敬慕し、戦前・戦中・戦後を秘書として身辺に待し、蘇峰の逝去に至るまで苦楽を共にした塩崎彦一氏によって、邸内に建設されました。館内には、徳富蘇峰にゆかりのある書簡、美術品、著書及び蔵書等が展示されています。

詳細

あなただけの周遊ルートを作ってみませんか?

ツアーのカスタマイズ
大磯町の歴史を知る~建物物語~
湘南 4

大磯町の歴史を知る~建物物語~

所要時間: 3時間30分

平塚八幡宮の歴史・景観と美術鑑賞
湘南 0

平塚八幡宮の歴史・景観と美術鑑賞

所要時間: 2時間45分