日本の盆踊り!沖縄の祭り!ブラジル・サンバ! in 鶴見

横浜・川崎 3時間15分

京浜工業地帯の発展と共に、かつて沖縄から南米へ渡り、帰還した沖縄の人々が定住したことをきっかけに形成された町を堪能するプランです。

周遊ルートに追加 17

シェアする

生麦魚河岸通り

江戸時代の漁師町からの伝統を引き継ぐ通りで、プロも訪れる魚屋が約20件並び新鮮な魚を買うことができる。旧東海道の面影も残し、観光客にも人気スポット。時間:8:00頃~10:30頃。

詳細

沖縄タウン&南米タウン

区内の潮田地区を中心に、沖縄や南米のコミュニティがあり、飲食店や物産展などが点在しています。【沖縄】毎年8月には仲通商店街で道じゅねー(エイサーパレード)を開催しています。【南米】毎年10月ごろにブラジルWEEK in つるみを開催し、区内各所でサンバショーや文化体験、映画上映などが行われます。

詳細

總持寺の御霊祭り盆踊り大会

曹洞宗の大本山であり関東最大級の寺。広大な敷地と大祖堂を始めとした伽藍の建築群。もとは石川県輪島市にあったが、明治44年に鶴見に移転。境内自由参拝可。諸堂内は修行僧の案内で拝観可。※一周約1時間のコース。※英語坐禅体験や精進料理を味わうことができる。入口三門は鉄筋コンクリート造りでは日本最大級の大きさ。中には北の湖関をモデルにした仁王像が立っています。 ナイトライフ 例年7月17日~19日に3日間連続で開催される、鶴見の夏の風物詩的存在の大規模な夏祭り。僧侶とともに踊る盆踊り大会や、3日間連続で計200発が打ち上げられる花火大会などが行われ、大いに盛り上がります。参道には出店なども多数出て、老若男女問わず多くの人で賑わいます。 ナイトライフ特集ページ

詳細

あなただけの周遊ルートを作ってみませんか?

ツアーのカスタマイズ