オススメ

相模原の遺跡を巡る

県央 2時間45分 3

旧石器時代について学び、縄文時代の大集落跡である勝坂遺跡公園を巡ります。相模原で約2万年前の日本に触れてみてください。

開始

すべてをウィッシュリストに追加

田名向原遺跡

県央 30分

約2万年前の建物の跡がみられるのは、日本でここだけです。また、旧石器ハテナ館では旧石器時代を中心に縄文土器や古墳の副葬品などを展示しており、野外展示では旧石器時代の住居状遺構、縄文時代の竪穴住居、古墳時代の小円墳が復元され、歴史や文化財について学ぶことができます。

三段の滝展望広場

県央 45分

展望台からは、相模川の美しい景観を見下ろすことができます。また、下流の河川敷には広場があり、各種スポーツ大会やイベントも開催されます。写真提供:一般社団法人 相模原市観光協会

勝坂遺跡

県央 30分

園内には縄文集落の雰囲気を再現し、土葺きと笹葺きの竪穴住居2棟を復元しているほか、周辺には竪穴住居廃絶後の窪地なども復元しています。また集落の終末期に登場する敷石住居のレプリカも屋外展示しています。公園内の管理棟には小スペースながら勝坂遺跡出土品やパネルの展示を行っています。

あなただけの周遊ルートを作ってみませんか?