日本初の白鳥型遊覧船で楽しむ神奈川県央の大自然

県央 3時間15分

神奈川県の県央地区は、湖や牧場・城址公園と大自然を楽しむことができます。相模湖では白鳥型遊覧船からの眺めを楽しみ、自然の散策、牧場での乳しぼりやクラフトなどの体験も満載です。

周遊ルートに追加 0

シェアする

日本初の白鳥型遊覧船「スワン丸」(勝瀬観光)

1964年開催の東京オリンピックカヌー競技場として一躍国際的に知れわたり、以後、青少年の健全育成の湖として、都民県民の憩いのオアシスとして健康的で文化的な空間を提供。湖をとりまく森林や山々はオゾン、マイナスイオン、フィトンチッドのシャワーを訪れる観光客にたえず降り注いでいます。首都圏から最も近く安心して一日遊べる歴史とロマンの息づく湖にて、ボート・釣り・キャンプ・ハイキングにどうぞおこしあれ!!

詳細

津久井湖城山公園

城山ダムの両岸と戦国時代の山城、津久井城跡を利用した公園です。公園の中心地である「根小屋地区」には管理事務所兼展示施設であるパークセンターが置かれており、また戦国時代の城の名残りがいたるところにみられます。 「水の苑地」には湖畔テラスや噴水、「花の苑地」にはハーブや宿根草が植えられたガーデンテラスがあります。写真提供:一般社団法人 相模原市観光協会

詳細

服部牧場

服部牧場は、日本有数の景勝地・宮ケ瀬湖に近く、丹沢山塊の東端部にあります。日々良野の高原の夏は冷涼で、牧草の生育と乳牛の飼育には最適の環境です。 神奈川県下随一の広さと規模の牧場で、牛たちものびのびと育っています。

詳細

あなただけの周遊ルートを作ってみませんか?

ツアーのカスタマイズ
藤野の観光農園と野外アート作品
県央

藤野の観光農園と野外アート作品

所要時間: 3時間

津久井湖城山公園散策と三太旅館
県央

津久井湖城山公園散策と三太旅館

所要時間: 5時間

津久井城址ハイキングと酒造見学
県央

津久井城址ハイキングと酒造見学

所要時間: 4時間15分