青根キャンプ場でバーベキューと温泉

県央 6時間30分

丹沢と道志山塊に囲まれた山間のキャンプ場。昭和54年7月のオープンで、土地の地主などを中心にした組合組織で運営されています。また、キャンプ場の手前にはロッジ風で40人が宿泊できる町営の「緑の休暇村センター」があります。食堂や売店もあるので便利です。キャンプ場は、山の斜面に77棟のバンガローが、道志川の河川敷にはテントサイトや広場があります。このため夏休み期間中は、水遊びや釣りができるがバンガロー利用の小中学生などで大変な賑わいを見せています。

周遊ルートに追加 27

シェアする

津久井湖城山公園

城山ダムの両岸と戦国時代の山城、津久井城跡を利用した公園です。公園の中心地である「根小屋地区」には管理事務所兼展示施設であるパークセンターが置かれており、また戦国時代の城の名残りがいたるところにみられます。 「水の苑地」には湖畔テラスや噴水、「花の苑地」にはハーブや宿根草が植えられたガーデンテラスがあります。写真提供:一般社団法人 相模原市観光協会

詳細

緑の休暇村・青根キャンプ場

緑の休暇村青根キャンプ場は、神奈川県の西北部、大自然と変化に富んだ清流、道志川を中心としたキャンプ場です。四季折々の美しい姿を見せてくれる山々に囲まれ、静かな環境の中で、家族連れや団体、サークルで、キャンプ・ハイキング・バーベキュー・川遊び・フィッシングなど楽しく過ごせます。

詳細

いやしの湯

「いやしの湯」は、関東地域周辺を構成している、4つのプレートが重なり合っている、富士山から丹沢山地の基盤を形成する約500万年前の地下深所で、結晶・固化した 石英閃緑岩の裂け目に沿って、長い年月をかけ涵養(かんよう)された最高の天然温泉です。

詳細

あなただけの周遊ルートを作ってみませんか?

ツアーのカスタマイズ
相模原の遺跡を巡る
県央 3

相模原の遺跡を巡る

所要時間: 2時間45分

弥生・古墳時代の古墳群探検
県央 0

弥生・古墳時代の古墳群探検

所要時間: 4時間15分