ススキの群落

県西1時間

概要

関東一の規模を誇ると言われる仙石原のススキ草原は、金時山南麓、台ヶ岳北西麓一帯に広がり、銀色に輝くススキの群落は秋の箱根を代表する風景のひとつとなっています。

説明

箱根は温泉と火山で有名ですが、仙石原すすき草原も見逃せない場所です。金時山の南の麓から台ヶ岳の北西部まで広がっています。関東で最高のススキ草原の一つであり、銀色に輝くススキが秋の箱根を代表する光景でしょう。この特別な種類のススキは、日本にしかないものです。ヨーロッパ、東アジア、そしてアメリカには違う種類のススキがありますが、柔らかい穂先が美しく広がるススキの絨毯が観れるのはここ日本だけです。世界各地で、日本のススキは装飾用として栽培されています。秋になると見渡す限り、羽毛のようなススキの穂が仙石原の丘の中腹を覆います。

丘の西側からは、草原の中心にかけて一本の道が通っています。通路が終わる地点まで、ゆるやかな坂を登りましょう。道を外れ、ススキの中に入るのはちょっと不安になる方がいるかもしれませんが、心配いりません。この道は、往復する人々が同時に通るため十分な道幅があります。また、こうした優しく揺れるススキが一面に広がる仙石原で四季折々の体験も楽しんでみてください。春に葉は明るい色に変り、夏には新緑から葦が青々しくなり、長く成長していきます。そして中秋の満月の頃にかけ、ススキが銀色がかった金色の彩色に変わってゆくのです。陽の光が穂先で踊る光景は実に素晴らしいものです。

冬になると、ススキは茶色に変わり枯れ果てます。そして春が来ると、また元気なススキが生えてくるように毎年恒例の野焼きが行われ草原は一掃されます。

しかし、これだけではありません。仙石原から1キロメートルほどのところにある仙石原温泉と、その周辺にもあまり知られていない小さな温泉が点在しています。また、箱根ガラス美術館は2キロメートル先です。そしてアントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの星の王子様美術館へもほんの1.5キロメートルです。バスの利用で、さまざまな温泉にも行きやすくなっていますが、15分おきにしかバスがこない場合があるので事前にしっかり時刻表を確認しておきましょう。

仙石原すすき草原は仙石バス停の近くに位置しており、箱根登山バスT線、又は小田急バスが利用できます。箱根湯本駅からは30分、桃源台駅からは5分ほどです。また、バスは箱根フリーパスにも含まれています。この仙石原ススキ草原は、「かながわの景勝50選」や「かながわの花100選」にも選ばれているので、絶対にお見逃しなく!

詳細情報

住所

神奈川県足柄下郡箱根町仙石原

写真

箱根湿生花園
県西 9

箱根湿生花園

箱根武士の里美術館
県西 2

箱根武士の里美術館

箱根ラリック美術館
クーポン
県西 36

箱根ラリック美術館

自然薯そば 九十九
県西 3

自然薯そば 九十九