オススメ

小田原にて明治時代の政財界人ゆかりの地を巡る旅

県西 8時間15分 5

歴史的な建物や茶室、日本庭園を巡るプランです。

開始

すべてをウィッシュリストに追加

清閑亭

県西 1時間

旧小田原城三の丸外郭土塁の南向き傾斜地に位置しており、晴れた日は母屋から真鶴半島や大島を望む相模湾や箱根山を一望できます。建物は格式ばらない数寄屋(すきや)風の造りで、平屋と二階家が連なっています。建物内には板絵襖や網代組天井など優れた意匠も見ることができます。

旧松本剛吉別邸・茶室「雨香亭」

県西 30分

小田原には、明治時代の政財界の有力者たちが建てた別荘が多く残ってますが、この旧松本剛吉別邸もその1つ。平成28年3月、市の歴史的風致形成建造物に指定され、現所有者の岡田氏から付属する茶室と庭園の一部を借り受け、公開しています。

小田原文学館
クーポンを表示

小田原文学館

県西 1時間

小田原は、温暖な気候ゆえに、明治期以降は多くの文学者が居住しました。小田原文学館では、その生涯や作品を常設展示と特別展示によって幅広く紹介しています。

白秋童謡館

県西 30分

白秋童謡館の建物は、ちょうど白秋が小田原に在住していたころに元宮内大臣・田中光顕伯爵が建てた別邸です

古稀庵

県西 30分

明治の元勲山縣有朋(首相、枢密院議長、陸軍元帥)が、明治40年70歳のときの別荘です。相模湾と箱根山を借景に築造された「古稀庵」は、有朋の所有であった目白椿山荘・京都無隣庵とともに、近代日本庭園の傑作といわれています。現在今はあいおい保険小田原研修所となっております。※公開(庭園のみ) 

皆春荘(山縣有朋別邸)

県西 15分

※施設改修工事のため、現在臨時休館しています。 皆春荘は、当初、清浦奎吾によって明治40年に土地が購入され、清浦の別邸として建てられたものです。その後、大正3...

小田原お堀端万葉の湯

県西 1時間30分

室町時代から北条家の城下町として栄え、東海道有数の宿場町として多くの人を迎えてきた小田原。美しい山々と幸豊かな海に恵まれたその街の駅前に、小田原お堀端 万葉の湯はあります。6階建てのゆったりとした空間には、万葉の湯ならではのおもてなしの三つの心をたっぷりと満たしました。

あなただけの周遊ルートを作ってみませんか?