世界に誇る日本文学ゆかりの地を訪ねて

横浜・川崎 18時間30分

川端康成、夏目漱石、森鴎外など世界中にファンがいる日本文学にスポットをあてたコースになります。東京、神奈川を中心に、作者にゆかり のある地や、実際に暮らしていた住居跡、作品の舞台などを訪れます。日本文学好きな外国人向けへのおすすめショートトリップとなります。

周遊ルートに追加 20

シェアする

森鷗外記念館

文京区千駄木は、鷗外がその半生を過ごした地です。記念館が建つ場所は、鷗外の旧居「観潮楼」の跡地で、鷗外は1892(明治25)年から、亡くなる1922(大正11)年までここで過ごしました。小説家、戯曲家、評論家、翻訳家、陸軍軍医と、いくつもの顔をもつ鷗外の偉大な功績に触れることができます。また、文化人たちとの交流からも、人間鷗外の大きさを知ることができます。

詳細

徳記

石川町駅より徒歩6分の中華料理店「徳記」。名物は豚脚麺(¥1030)。麺、スープと豚足とが別々に提供され、混ぜて食べるかはお好み。スープはシンプルな醤油味、麺は自家製平打ち麺。豚足は深みのある味で、スープ、麺と一緒にするとコクが深くなる。新感覚の味わいでおススメ。その他にも中華風の麺類が揃っている。(グルメサービスRettyより引用)

詳細

大佛次郎記念館

港の見える丘公園の展望台の南側に広がる沈床花壇の奥に、アーチ型の屋根と赤レンガの外観が一際目立つ館。横浜ゆかりの作家「大佛次郎」の業績と生涯を様々な資料で紹介しています。大佛次郎は横浜で生まれ、そして横浜を多く描いた作家です。中でも「霧笛」「幻燈」は開化期の横浜を愛惜をこめて描いた名作として、今も多くの人々を魅了し続けています。代表作には「パリ燃ゆ」、「天皇の世紀」、「帰郷」、「赤穂浪士」などがあります。

詳細

神奈川県立神奈川近代文学館

お客様各位 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、現在臨時休館しています。再開日や営業内容等につきましては、公式ウェブサイトでご確認ください。 https://www.kanabun.or.jp/   神奈川近代文学館は県ゆかりの作家や文学作品に関連する資料の展示を行う博物館で、日本近代文学専門の図書館とイベント会場の機能を併せ持っています。120万点にのぼる所蔵資料には個人作家の業績を顕彰した井上靖文庫、大岡昇平文庫のほか、夏目漱石特別コレクションなどがあります。また、神奈川の文学を紹介する常設展や、夏目漱石、芥川龍之介など神奈川ゆかりの文豪の個人展を開催しています。

詳細

ハマの人力車

横濱おもてなし家は人力車をベースに、横浜に来て頂いたお客様や挙式をされる方に一期一会の気持ちを忘れず、横浜という”家”に遊びに来られた”家族”を受け入れるように、一つ一つ丁寧なおもてなしをします。 また、横浜の地元イベントへの協力を惜しまず、開港150周年を過ぎた今、かつて横浜にも数千台の人力車があった時代を顧みるキッカケ作りをしていきたいと考えております。

詳細

狸穴cafe(北鎌倉古民家カフェ)

2014年にオープンした狸穴cafeは、鎌倉に多く見られる古民家をリノベーションした古民家カフェ。狸が住んでいる穴を狸穴と言うそうですが、そんな隠れ家的な北鎌倉の大人カフェです。おすすめランチは30食限定の「ブルゴーニュ風ビーフシチュー」。その他パスタや鎌倉ハムを使ったピタパンサンドなどがあります。

詳細

鎌倉文学館

鎌倉文学館は、昭和11年に竣工した旧前田侯爵家の鎌倉別邸です。大理石の暖炉やステンドクラスなど、往時を偲ばせる部屋で川端康成らゆかり作家の貴重な資料をみることができます。緑あふれる庭園は、春と秋に250株のバラが咲き誇ります。三島由紀夫の小説「春の雪」の別荘は、本館がモデルです。

詳細

鎌倉土鍋ご飯kaedena.

鎌倉土鍋ご飯kaedena.は、鎌倉長谷にある土鍋ご飯のお店です。 落ち着いたモダンな店内でおいしい土鍋と本格和食をご提供いたします。 ランチメニューはお店の名前にもなっている「土鍋ご飯」を提供しております。「土鍋ご飯」とは、昆布などから丁寧に丁寧に抽出したおダシで土鍋を1つ1つ直火でにかけて炊きあげたご飯のことです。 お米は兵庫県丹波篠山の契約農家から直送しています。 ディナーは創作和食に定評がある料理長自慢のコースをご堪能いただけます。 長谷観音や鎌倉大仏も近いので、観光の際にはお待ちしております

詳細

長谷寺

長谷寺は、長谷観音像をご本尊として祀る有名な歴史的寺院です。 本院には、観音ミュージアム、庭園があり、鎌倉の風光明媚な景色に 親しむことができます。 ナイトライフ 荘厳な「観音堂」と美しい樹木や池に囲まれた境内、お参りする人々に配られる提灯など、“つながり”を演出する灯かりに包まれます。 ナイトライフ特集ページ

詳細

鶴岡八幡宮

鶴岡八幡宮は、1063年に源頼義によって創立されました。その後、源氏再興の旗上げをした源頼朝公は、1180年に神社を現在の場所に移し、鎌倉幕府の宗社にふさわしく壮大な上下両宮の現在の姿に整えました。 現在の御本殿は、1828年に江戸幕府11代将軍徳川家斉により再建され、代表的な江戸建築として知られており、若宮とともに国の重要文化財に指定されています。 世界中から多くの観光客が訪れ、八百年の長い歴史を伝える境内と季節のお祭りを楽しんでいます。

詳細

あなただけの周遊ルートを作ってみませんか?

ツアーのカスタマイズ
自然を体感 サイクルツーリズム
横浜・川崎 20

自然を体感 サイクルツーリズム

所要時間: 23時間

海外ヲタク大歓迎!クールジャパンに触れる旅
横浜・川崎 16

海外ヲタク大歓迎!クールジャパンに触れる旅

所要時間: 21時間

芸術とショッピング・グルメの街 川崎2
横浜・川崎 12

芸術とショッピング・グルメの街 川崎2

所要時間: 4時間30分

ダックに乗って、ダックに会いに行く!
横浜・川崎 6

ダックに乗って、ダックに会いに行く!

所要時間: 6時間15分